忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1333]  [1332]  [1331]  [1330]  [1329]  [1328]  [1327]  [1326]  [1325]  [1324]  [1323




発行年月:2013年11月


 清少納言は28歳にして帝の后・中宮定子に仕えることになる。内裏の雰囲気に馴染めずにいたが、定子に才能を認められていく。やがて藤原道長と定子一族との政争に巻き込まれ……。美しくも心震わす清少納言の生涯!

                       (角川書店HPより)




清少納言の語りで綴られる物語。

「枕草子」が誕生したいきさつがわかる物語。

春はあけぼの。
やうやう白くなりゆく山際、少しあかりて、紫だちたる雲の
細くたなびきたる。

冒頭の一文しか知りません・・・^^;


28歳で中宮定子の元に仕える清少納言だが、その前に2度結婚していたんですね~。
1度めの夫は、橘 則光。離縁後も宮中内では顔を合わせることもあり、互いに
妹兄と呼び合う仲となる。
2番目の夫・藤原信義と結婚後に参内出仕の話が来て迷うが夫の勧めもあって
出仕を決めている。が、やがて信義は病で亡くなってしまう。


清少納言の名前や、枕草子の誕生には、主人である中宮定子の功績が大きい。
この主従関係があっらからこそ、清少納言は誕生し、枕草子も生まれたと
この物語を読んで感じた。
それだけ、中宮定子の清少納言の才能を見出す力があったということですね~。

28歳の清少納言に対して、仕えた最初はまだ17歳の若さ。
昔の人は、考えることが大人だなぁ~。

煌びやかな宮中の様子が夢のように続けばよかったけれど、中宮定子の父・藤原道隆の
死後、権力争いにより宮中は混乱。
結果、父親の兄・藤原道長が権力を手に入れ
定子も一時は出家の真似事のような事態に追いやられ、権力争いに敗れた兄・伊周は
捕えられ追放されてしまう。

しかし、定子は運が良かった。
一条帝との子どもを産み一条帝の愛は失わずに済んだ。
窮地に立たされても毅然としている定子の姿が凛々しい。
そして、そんな定子をずっと慕い仕えた清少納言の姿も美しい。

枕草子には、女主人・定子に対する清少納言の思いが込められているのかな?


素敵な物語でした!


                           ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8
10 11 13 14 15
18 19 20 21 23
24 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]