忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1335]  [1334]  [1333]  [1332]  [1331]  [1330]  [1329]  [1328]  [1327]  [1326]  [1325
 

発行年月:2014年3月


恋愛小説の名手にしてミステリーの鬼才から最後の贈り物

八人の子供がいる家庭へ脅迫電話。「子供の命は預かった」。
だが家には子供全員が揃っていた。
誘拐されたのは誰? 表題作など八篇

                   (文藝春秋HPより)
 
 
 
 
 
2013年10月に逝去された著者の遺作となった作品。

8つの短編集。

殺人事件が絡んでくる話が多く、男女の恋やら、女性の恨みに対する復讐やら
結構、心理的に暗いものを抱えた人の話が多く、話の展開は面白いけれど
何となく気分が良くない読後感のものが多かった^^;

表題作「小さな異邦人」は、一番最後に登場。

母一人で子ども8人を育てている女性が逞しい。
賑やかな笑いの響くような明るい場面から始まるので「あれ?これは和み系の話?」と
思ったら、誘拐犯から電話がかかり・・・・・
しかし、8人全員が帰宅し、誰が誘拐されたのやら???謎が深まり
物語の展開が気になりましたが・・・真相が明かされると、なんだか一挙に
気持ちが沈みました。


う~ん、物語の展開具合、人物の闇を抱えた佇まいなど巧いんでしょうけれど
こういう感じは、個人的には好きじゃないなぁ~。

前に読んだ長編の恋愛物は結構、面白かったのに、わたしには合わなかったな。


                               ★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 8 11
12 14 15 17
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]