忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1332]  [1331]  [1330]  [1329]  [1328]  [1327]  [1326]  [1325]  [1324]  [1323]  [1322



発行年月:2014年3月


 私の人生を動かしてくれるのは誰?

ミュージカル女優、つかさのファンクラブ「ファミリア」を束ねている美知代。大手化粧品会社で働いていると周りには言っているものの、実際は関連会社の事務に過ぎない彼女が優越感を覚えられるのは、ファンクラブの仕事でだけ。ある日、美知代の小学校時代のクラスメイトが「ファミリア」に加盟する。あっという間に注目を集めた彼女の登場によって、美知代の立場は危うくなっていく。美知代を脅かす彼女には、ある目的があった。
華やかなつかさに憧れを抱く、地味で冴えないむつ美。かつて夢組のスターとして人気を誇っていたが、最近は仕事のオファーが減る一方のつかさ。それぞれに不満を抱えた三人の人生が交差し、動き出す。
待っているだけではなにも変わらない。私の人生は私だけのもの。直木賞作家朝井リョウが、初めて社会人を主人公に描く野心作!

                    (講談社HPより)




3つの章から構成される連作物でした。

章ごとに主人公は変わりますが、かつて同じ学校で学んだ同級生だったり先輩後輩の
間柄だったりの彼女たちの物語。

<第1章 スペードの3>
主人公は、江崎美知代。
化粧品会社に勤務しながら、舞台女優の香北つかさのファンクラブを取り仕切る幹部組織の
リーダー的役目を務める。
小学校時代もクラスの学級委員としてリーダーシップを発揮していた。
ある日、ファンクラブに新規入会してきた、「アキ」。
彼女は小学校時代の同級生だった。「アキ」の出現により今までの自分の存在価値が
薄れていく危機感を抱く美知代。


<第2章 ハートの2>
主人公は明元むつ美。
小学校時代は目立たず、容姿も冴えないため友達と呼べる人が居なかった。
中学は出身小学校の同級生が誰も居ない中学に進学し、早々に親しくなった志津香の誘いで
演劇部に入部。
元々絵を描くのが得意だったので、美術班の一員として活躍する。


<第3章 ダイヤのエース>
主人公は36歳の女優・香北つかさ。
人気のピークは去ったが仕事はボチボチ。
ファンクラブもあり、ファンは大事にしている。
同期入団の沖乃原円が女優業から引退を最近、発表し、自身の今後についても悩む。



それぞれ主人公が変わり、前の話のなかの真実がほかの話で明かされたりと
なかなか面白い展開でした。
女性ならではの妬みやら計算を巧く描いていて、男性がここまで鋭い心理描写を
表現しているのは、凄いなぁ~と感心した。
ちょっと湊かなえっぽいかんじ?(笑)。


第1章で登場の転校生「尾上愛季」と「五十嵐壮太」の成人した現在も
知りたかったなぁ~。



                           ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23 24
25 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]