忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1343]  [1342]  [1341]  [1340]  [1339]  [1338]  [1337]  [1336]  [1335]  [1334]  [1333



発行年月:2014年4月


 人妻の恋は罪でしょうか?

心極流の達人ながら、凡庸な勤めに留まる蔵太。
二人の子供とともに穏やかに暮らす、その妻・澪。
すれちがいの暮らしを送る澪の前に、一度だけ契りをかわした男・笙平があらわれる。
側用人にまで出世したかつての想い人との再会に、澪の心は揺れる。
今、ここで、心のままに生きられたなら――。

紫のにほへる妹(いも)を憎くあらば 人妻ゆゑに吾恋ひめやも

直木賞作家が描く、人妻の恋。
日本人の心が紡ぐ、美しく、哀しき恋。
時代小説の新たな代表作。全国17紙に掲載された大人気連載、ついに単行本化!

                          (講談社HPより)



今までの作品とちょっと違う感じでしたが、やはり良かった!
女性受けする作品かも^m^

結婚する前に、好きだった人。
その人が窮地に追いやられた状況で目の前に現れたら・・・・
主人公の澪のように行動しちゃうかなぁ~?


結婚した夫・蔵太は寡黙でかつて好きだった笙平に比べると凡庸に見えてしまう澪。
夫と元恋人の間で揺れる女心・・・・時代小説なのに三角関係の恋愛小説。
果たして澪はどちらを選ぶ?なんて野次馬根性で途中まで読みましたが・・・
しかし、寡黙で冴えないかんじの夫・蔵太が、どんどん秘めた男らしさを出して来ると
読みながら蔵太にどんどん惹かれて行きました。
それは澪も同様で、夫の本当の優しさや強さに気づかずいた自分を恥じる気持ちに
なっていく。
そうなると、かつてあんなに好きだった笙平に思いを告げられても、揺れない。

蔵太、恰好良いぃ~!!
こんな男に惚れない女は居ないでしょ!?


そんな様子を半分面白がって見ている芳光院も最後は、強い味方になってくれて
ハッピーエンド。

蔵太の両親も実に良い人たちで、娘の由喜と息子の小一郎も利発で澪は幸せ者だなぁ~。

これからは、益々家族仲良く暮らしていくんでしょうね~。

笙平のお咎めがどうなっていくのかさえ、もうあまり関心ないようで、
女心の変わり様がちょっと可笑しかった。

葉室さんは女心、よくわかっていらっしゃる!と妙なところに感嘆しました^m^


正しい者が幸せになる葉室さんの作品は安心して読めます(^^)
次回作も楽しみです♪


                             ★★★★★





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ひろさんへ
我が家で読んでいる新聞には連載されませんでしたが連載された地方紙が巻末にも載ってましたね。

やはり女性は好きですね。こういうお話^m^

相変わらず、筆が速い!
追いつけませ~ん(笑)。
でも楽しみです♪
情報ありがとうございますm(__)m
kyoko 2014/07/23(Wed)15:52:46 編集
ハムリン最新作「緋の天空」
「紫匂う」は昨年、全国の地方紙に連載され女性読者に支持された作品でした。
 ハムリン先生は先月「天の光」を上梓されましたが来月は「緋の天空」が上梓されます。今度は奈良時代だそうです。読む前に予習が必要かも。
ひろ 2014/07/22(Tue)10:05:33 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]