忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1309]  [1308]  [1307]  [1306]  [1305]  [1304]  [1303]  [1302]  [1301]  [1300]  [1299



発行年月:2013年12月


 月光が射しこむベッドの上、流奈が思いを馳せるのは、「どうしても会わなければ」と願い続けた人々との4つの光景。──恋愛小説の名手が死への道程を妖しく鮮やかに描きだす。筆冴えわたる傑作長編。      

                     (集英社HPより)




4つの話に分かれていますが、これは長編小説ですね。

主人公は、病で死に向き合っている女性・満留瀬流奈。
既にこの世の者ではない者に向き合うお話。
ちょっと不思議な世界観。
それぞれの章の表題がユニーク。


<霧雨に紅色吐息>
ネットで予約した旅館に向かっている流奈。
同行するのは、金魚。
旅の目的は、かつて愛した美しい男性・三条澄人に会うため。
愛していたけれど憎んでもいた男。


<カダケスの青い小箱>
家族の期待を一身に受けた姉・志図だったが、画家と出会いすべてを投げ出し
スペインの地中海に面したカダケスに移住してしまった。
その地は、ダリの愛した街。
姉のことを想い、姉の思い出が残る街を巡る流奈。


<猫に雪茸まろびつ濡れて>
流奈の息子・千は、妻との子・星子が生まれて3年で離婚。
千は以来、娘に会わずに暮らしていた。
流奈は、千と星子を引き合わせようと二人で千の元へ訪ねていく。


<桜ふぶきいのちの宵闇>
流奈の娘・百。
幼く死んだ可哀想な娘。
そして子どもの頃、近所だった級友・タミ。
動作が鈍いタミの面倒を見るのはいつも流奈の役目だった。
そしてタミはある日、川に落ち、その2週間後に亡くなった。
二人の幼くて死んだ者の死は、自分の責任?仕方のない事故?
今もそのことを考えあれこれ悩む流奈。



死に直面した者は、既にあの世に行った者を近くに感じるものなのかな?
ちょっとホラー色あったりと不思議な幻想的な場面があったりでしたが
なかなか面白かった。

最後の話は、終盤、急に(予測出来ない展開で・・・)官能的になってビックリ^^;


                             ★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23
26 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]