忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[681]  [680]  [679]  [678]  [677]  [676]  [675]  [674]  [673]  [672]  [671
51i7E7pprYL__SX230_.jpg   発行年月:2011年9月


   今、恋や友情を育(はぐく)んでいるあなた
   そして1980年代に青春を過ごしたあなたへ
   夢見がちなマンガ少女だった鮎子
   気が強いけどどこか陰のある美少女、武美
   30年ぶりに再会したふたりのでーれー(=ものすごい)熱い絆(きずな)の物語

   「ずっとあなたに伝えたかった──」


                                          (祥伝社HPより)

1980年代に青春を過ごしているので、主人公たちの会話が懐かしかったなぁ~。

今は40代半ばの佐々岡鮎子は、漫画家として活躍している。
ある日、懐かしい母校の高校での講演会依頼が来る。
久しぶりの懐かしい同級生たちにも会いたい!
そして、27年ぶりに岡山に向かう。

物語は、27年前の高校生だった鮎子たちの話と現在と入り混じりながら進む。

中学卒業と同時に東京から岡山に父親の転勤で引っ越してきた鮎子。
最初は、岡山弁がうまく使えず苦労するけど、それがいつしかニックネ-ムになってしまうのも楽しい♪
「で-れ-佐々岡」って・・・・笑

会話の内容に、昔懐かしいテレビ番組や芸能人が登場して、一気に自分もその時代のことを思い出したりした。
毎日、学校で友達と話すのがすごく楽しかったなぁ~。

鮎子は中2の終わりから漫画を描いていて、タイトルは「ヒデホとあゆの物語」。
空想上の恋人ヒデホくんと自分の空想上のラブスト-リ-が展開されるというもの。

友達の武美がその漫画をみて、勝手にそれは実話だと思い込み、鮎子もそれを否定しない。
漫画のなかのヒデホは頭も顔もスタイルも良く、武美もヒデホくんが大好きになり、二人の恋を真剣に応援している。
でも鮎子には、偶然、知り合った淳くんという男の子と仲良くなって・・・・・

そして終盤、27年前の話と現在のそれぞれに衝撃的なことが起きる。

え?そんな事になってたなんて・・・・・(/_;)


でもラストは、温かい気持ちになれました。
今回も感動させていただきました!というかんじ。

表紙の絵もいいです!


★★★★

 




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ラブラブラッキ-さんへ
ホント、懐かしい♪
漫画雑誌「りぼん」の田淵由美子さんの名前が出て来た時は、「わたしも好きだった!!」と心の中で叫びました(笑)。

ラストはちょっと切なかったですね~
明るく再会の場面を期待していたので・・・・。
でも読後感は今回も温かいものがこみ上げてくるかんじで良かったです
kyoko 2011/10/21(Fri)13:53:47 編集
無題
私も少し前に読みました。主人公と年齢が近いので本当に読んでて懐かしくて懐かしくて。
まさかあんなラストになるとは想像してなかったけど、今回もうるっとさせてもらいました。
ラブラブラッキー 2011/10/20(Thu)15:18:44 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]