忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[649]  [648]  [647]  [646]  [645]  [644]  [643]  [642]  [641]  [640]  [639
51ojR5Qj6fL__SX230_.jpg   発行年月:2011年5月


   本の街・神保町を舞台にした極上サスペンス
四十過ぎの翻訳家・吉野解は、かつて自分が下宿していた古本屋の二階で謎の美女、白井沙漠と出会う。粗末な部屋で何度も体を重ねるが、沙漠が解に借金を申し込んだことから歯車が狂い始め…。



                            (集英社HPより)


なかなか面白かった。
冒頭は、いきなり殺した相手をバラバラにする描写。
物語は、それがどうして起きたか?を語っていく形。

まず、ある男女の出会い。
古本屋・泪亭の二階に暮らす美しい女性・白井砂漠。
以前、そこに住んでいたという男・吉野解が突然、部屋に入ってくる。
そして・・・・いきなり男女の関係。
え?こういう始まり??・・・・・ちょっと引いた(笑)。

そして、砂漠と吉野の付き合いが始まる。
吉野は身なりは金持ち風。職業も大学で非常勤講師として働いている。

砂漠は、容姿は完璧な美女なのに、とても惨めな生活を送っている様子。
お金に対する執着心は強そう・・・・と思って読んでいたら・・・消費者金融に多額の借金を抱えていたとわかる。
そして裕福そうな吉野にある日「300万円貸して」という。
300万くらい貸してあげても・・・と言いながら・・・なんか変。
と思ったら。。。吉野自身も裕福そうに見えているけど、実際は奥さんの実家が資産家なため生活を維持しているけど、自身は学生時代に消費者金融から借りたお金を返済出来ていない状況。


物語は、二人のほかにも、吉野の妻・由乃、
吉野夫妻両方の友人である里子
古本屋店主・佐藤
もそれぞれが語り手となり、それぞれの人間関係が絡みあっていく様子を描いていた。

佐藤と砂漠の意外な関係もわかり、終盤になると面白さが増した。

そして、ばらばら死体が出来てしまう経緯。

う~ん。借金って怖い。

最初は、なんじゃこりゃ?と思ったけど、どんどん引き込まれて読んだ。
なかなか面白かった。


★★★
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 8 11
12 14 15 17
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]