忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[648]  [647]  [646]  [645]  [644]  [643]  [642]  [641]  [640]  [639]  [638
61c0Qa6fU6L.jpg 発行年月:2010年8月

原発がクリーンエネルギーとして脚光を浴びるなか、世界各地で続発する大地震。いま日本を巨大地震が襲えば、原発はメルトダウンという最悪の事故を引き起こし、首都圏崩壊、日本全土が廃墟と化すおそれが高い。高速増殖炉もんじゅ再開、プルサーマル運転、高レベル廃棄物処分場など、原発推進がもたらす未来に警告を発する。


                         (ダイヤモンド社HPより)



読みながら恐怖感でいっぱいになってしまった!

この書が3.11の東日本大震災以前に発行されている事が一番怖い。
なぜなら・・・ここに書かれているとおりのことが、実際に起きてしまったから。

只、単に原子炉の事故が怖いということだけでなく、事故をひこ起こす要因になる大地震が、今の日本にはいつまた起きても不思議でない状況にあるという脅威も述べている。
阪神大震災が起きたということは、それに連動して地盤の変動も起きていて、続けてまた別の箇所で大震災が起きる可能性が大だと。

そして・・・・・それは起きてしまった!

この書では、東海地震から浜岡原発の引き起こす震災をシュミレ-ション化した物語も書いていて、そのリアルな描写は、東海地方に暮らす自分にとっては本当に怖かった!
日本のほぼ真ん中であるこの地で原発震災が起きれば、それは大都市圏の崩壊にも繋がっていく。

ああ~、そうして考えると、菅内閣が浜岡原発の全原子炉の運転停止を決めたことは、なんと大きな業績だろうか!!
このまま再開されることがないように・・・。


著者は、この書を震災前に書いて、結構辛辣に電力会社だったり、そこに雇われているような地質学者や地震学者を批判している。
さぞ、大きな圧力が著者を脅かしていたのではないか?
それでも伝えなければならないと書いたものかと思うと、感動する。


でも、これを読んで自分に出来ることは、なにかあるのか?

ず~んと重たい気持ちになってしまった。
でも、同時に読んで良かったとも思った。
上手く言葉に出来ないけど・・・・。



★★★★

    
    
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]