忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[585]  [584]  [583]  [582]  [581]  [580]  [579]  [578]  [577]  [576]  [575
e138e444.jpg発行年月:2010年11月


「短篇小説の女王」による、国際ブッカー賞受賞後初の最新短篇集!

子連れの若い女に夫を奪われた過去をもつ音楽教師。新しい伴侶とともに恵まれた暮らしを送る彼女の前に、自分の過去を窺わせる小説が現れる(表題作「小説のように」)。ほか、ロシア史上初の女性数学者をモデルにした意欲作「あまりに幸せ」など、人生の苦さ、切なさを鮮やかに描いて、長篇を凌ぐ読後感をもたらす珠玉の十篇

                       (新潮社HPより)


読み応え充分の短編集でした!!

10篇の物語、どれも良かった!
1つ読み終えると、暫くは静かにその余韻に浸っていたくなるかんじ。

一つ一つの物語に登場する女性たちのいろいろな人生。
そのなかで感じる、喜び、絶望、驚きなどなど、いろいろな感情を読みながら共感。

一番最初の「次元」からやられた!
夫の手によって3人のこどもを殺された女性・ド-リ-。
しかし、完全に夫を恨むことは出来ず、隔離されている夫の元に定期的に通う。
そしてそんなある日、バスに乗っているとき、そこに飛び出して来た少年を救助する。

その少年との出会いを機にド-リには今後、もっと明るい未来を歩んで欲しいと願った。


次のお話は表題作になっている「小説のように」。
これも面白かった。
学校で音楽を教えているジョイス。
大工の夫・ジョンと幸せに暮らしていたが、彼の元に見習いだという女性・エディが娘を連れて一緒に暮らすようになり生活が一変してしまう。
学校では、エディの娘はジョイスの教え子という環境。

やがて、ジョイスは家を出て、ほかの男性と幸せに暮らすようになるが・・・・
その後、エディの娘が小説家として書いたものを偶然、目にすると、自分がかつてジョイスとエディ母娘と暮らしていたことが書かれていて驚く。

自分のことを第三者が冷静に見つめていて、それを小説にされたら・・・・ちょっとイヤだな。
小説家が身内にいると、こういう事態もあり得るのか?なんて考えた。


ほかの作品も読むたびにいろいろ考えた。
ひとつひとつに思う感想がちゃんとあるので、全て書くとすごく長くなるので省略しちゃうけど

「深い穴」は、優秀だった息子が自分から離れたところに行ってしまい、どういう暮らしをしているのか心配していたら・・・・数人のわけのわからない貧しそうな人たちと貧しい共同生活をし、路上で施しを求める日々を過ごしていたという話は、母親の立場に立ったら、なんともやり切れない気がした。
こどもはそんな暮らしでも生きる意味を感じているのがせめてもの救いだったけど・・・。

最後の「あまりに幸せ」は、実在した数学者で小説家のソフィア・コワレフスカヤの人生を描いた物語だそうですが、実在した人物の話なのに、一番、フィクションぽかったという印象。
ロシア人ゆえに苦労したことが沢山あって、すごい人生だ。

この最後の話をもっと詳しく書いても1冊の小説になりそう。
そして、表題を「小説のように」でも通りそう。

あ~そうして考えると・・・・この表題は最後の話があるからそうしたのか?
なんて、あれこれ一人考えたりして・・・(笑)

さすが「短編小説の女王」と称されているだけある作品!!

ほかの作品も読んでみたくなった!

★★★★★
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]