忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197
45906bdf.jpg発行年月:2008年2月


このブックレスト(岩波ブックレストNo.718)は
2007年11月に行なわれたシンポジウム
「なくそう!医師の過労死」(主催:過労死弁護団体全国連絡会議)の内容を再構築したものである。


                  (本の表紙裏解説より)


5人の著者がそれぞれの立場で経験した医療の現場。
医師たちが、それだけ過酷な労働を強いられているのかを克明に述べた書でした。

著者略歴

岡井 崇・・・昭和大学主任教授。産婦人科。東京大学医学部助教授、愛育病院副院長を経て現職。
日本産婦人科常務理事なども務める

川人 博・・・弁護士

千葉康之・・・ちばこどもクリニック院長。小児科医。大学病院や公立病院などの勤務医を経て現職。
専門は小児神経学・睡眠学

塚田真紀子・・・ジャ-ナリスト。読売新聞記者を経てフリ-に

松丸 正・・・弁護士
過労死弁護団体全国連絡会議代表幹事

                             (2008年2月現在)

これを読むと、ちょっと怖くなります。
大事な命を預かり、その生死を左右する医師の勤務状況が、こんなに過酷でいいのか!?と。
ここでは、特に産婦人科と小児科の医療現場の様子がその現場を見てきた医師によって語られ、早くこの状況を何とかしなくては!という切実な思いが伝わってきます。

また同じように、そんな状況を追ったジャ-ナリストと弁護士の伝えた事もよく理解できます。

でも、一国民はどうしたらいいんでしょう?
国のお偉い方々に、この状況を知ってもらい、なんとか早い時期での対応をして貰わなきゃ!

先ずは、みながこの状況を知るべきだと思います。

丁度、岡井先生書「ノ-フォ-ルト」を元にドラマ化された「ギネ」が放送中ですが、そういう物をキッカケに多くの人に、今の医療(医師の過酷な労働状況)を伝わるといいなと思います。

世界的にみても、最悪な労働状況下での医師たちですが、産婦人科では、妊産婦死亡率、周産期死亡率ともに減少していて、周産期死亡率は世界一の低さという素晴らしい結果を残しています。
これは、著者の岡井先生の述べていますが、凄い誇れる事です!!

そんなに頑張っている先生方が、壊れてしまわないうちに真剣に何か策を講じて欲しい!!

娘達がその子ども達が出産したり、病気になったとき、安心して病院に行ける万全な体制を医療機関が取ってくれていないと、困ります。

医療の現場を全く知らない人たちに読まれるべき書だと思います。

★★★★★

 



              
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 8 11
12 14 15 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]