忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195
e2d82815.jpg   発行年月:2006年2月


   小間物問屋遠野屋の若おかみ・おりんの水死体が発見された。
   同心・小暮信次郎は、妻の検分に立ち会った遠野屋主人・清之助の眼差しに違和感を覚える。ただの飛び込み、と思われた事件だったが、清之助に関心を覚えた信次郎は岡っ引き・伊佐治とともに、事件を追い始める・・・。“闇”と“乾き”しか知らぬ男たちが、救済の先に見たものとは?
   哀感溢れる時代小説!

        
                           (光文社HPより)

若い女性の飛び込み自殺?かと思われる事柄が発端で、それを目撃した者、また別の者と見事なまでの刀捌きで人が斬られる事件が続く。
一体、誰が?
主な登場人物は、さほど多くないけど、どんどんいろいろな人が登場し、怪しい人だらけ?
予想不能で、果たして、この一連の事件はどう決着するのやら?と思いながら読みました。

最後の方で、事の真相がわかったけど、意外なものでした。
これじゃ全く、予測不可能だわ~

でも、同心・小暮信次郎とそれに仕える岡っ引き・伊佐治の事件の真相究明に向けての動きは面白かった。
伊佐治は、なかなかの人情者なので、信次郎の事は頭は切れるけど、人柄には難なりと思いながら仕えている様も愉快。

確かに、結構、皮肉屋だったりするけど、信次郎わたしは好きだな。
人を見る目は確かだし、肝心なところでの優しさは出せる人だと見た。

事件の軸となる遠野屋の若旦那(おりんの夫)・清之助は、最初、怪しいかんじなのだけど、哀しい過去があった方でした。
最愛の妻を亡くし、この物語では一番、傷を負ったでしょう。

最後は、清之助も少し救われたということかな?

なかなか、読み応えのある話でした。

この作品は、シリ-ズ化?
まだここだけでは「?」の部分があったけど続きでその辺の話も出てくのかな?

同心・信次郎と岡っ引き・伊佐治のコンビでの事件解明・・・今後も楽しみ。
ということで、これと同時に次も手元に取り寄せました。(図書館本)

もう1冊も楽しみに読んでみます。

★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]