忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1913]  [1912]  [1911]  [1910]  [1909]  [1908]  [1907]  [1906]  [1905]  [1904]  [1903



発行年月:2016年6月


大切な人を殺された者は言う。「犯罪者に復讐してやりたい」と。凶悪な事件が起きると人々は言う。「被害者と同じ目に遭わせてやりたい」と。20××年、凶悪な犯罪が増加する一方の日本で、新しい法律が生まれた。それが「復讐法」だ。目には目を歯には歯を。この法律は果たして被害者たちを救えるのだろうか?

                     (双葉社HPより)



いや~凄い内容でした!
これがデビュー作ということにも驚いた!


5つの章からなる。
5つの犯罪による犯罪者と法のもと復讐する関係者たち。
それぞれの被害者の遺族が法のもと復讐する権利を得たことで
悩み考える。

それぞれの事件と復讐する側の人物。
<第一章 サイレン>
16歳の息子を拉致、監禁の末、暴行を受けて4日目に殺害された父親。

<第二章 ボーダー>
14歳の娘に自分の母を殺害された女性。

<第三章 アンカー>
無差別に人々を刺した男は3人を殺し5人に重軽傷を負わせた
・専業主婦の母親を殺された娘
・医大生の弟を殺された弟
・教師だった婚約者の女性を殺された男性

<第四章 フェイク>
屋上から10歳の息子を突き落された母親

<第五章 ジャッジメント>
ネグレクトの母親とその内縁の夫に可愛い5歳の妹を餓死させられた兄



復讐法に則り、犯罪者に罰を与える被害者の関係者たちの葛藤。
実際に被害者と同じ苦しみを与えるために自ら法の元とはいえ殺人を行うことへの
躊躇い。
自分ならどうするだろう?
自ら手を下すのは、やはり悩む。
そうかといって単に長期間収監されてよしとなるのは許せない。

読みながら、色々と考えさせられた。


次の作品が今から楽しみだ。
本当に凄い新人作家が登場したものだ!



                       ★★★★★

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]