忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1647]  [1646]  [1645]  [1644]  [1643]  [1642]  [1641]  [1640]  [1639]  [1638]  [1637



発行年月:1999年4月

死んだ女ともだちを思い起こす奇妙な夜。そして入院中の姉の存在が、ひとりひとりの心情を色鮮やかに変えていく「ハードラック」。闇の中を過ごす人々の心が輝き始める時を描く二つの癒しの物語。              

「ハードボイルドに生きてね。どんなことがあろうと、いばっていて。」最後になった電話でそう言っていた千鶴。彼女のことを繰り返し思い起こす奇妙な夜を描く「ハードボイルド」。死を待つ姉の存在が、ひとりひとりの心情を色鮮やかに変えていく季節を行く「ハードラック」。闇の中を過す人々の心が光り輝き始める時を描く、二つの癒しの物語。 

                 (発行/ロッキング・オン)




かなり前に買って読んだ本。
よしもとばななになる前の本ですね~。
家の本棚から何気なく手に取りましたが・・・・2編目の「ハードラック」が
ちょうど11月の季節の物語だという偶然にビックリ!


二編とも「死」と向き合うような話ですが、全然、暗さはなくて
生きて居れば死ぬのはあたりまえだよね~だから特別なことと考え過ぎないほうが
いいのかもなぁ~なんて漠然と思いました。


「ハードボイルド」は、山道を一人歩きながらちょっと奇妙な感覚に襲われながら
辿り着いた古いホテルで一晩過ごす主人公の話。
その間、思い出す、一緒に暮らしていたことがある千鶴のこと。
ちょうど、千鶴の命日であることを思い出す。

ホテルのおばちゃん(支配人?)とのやり取りが可笑しいけど、ホッとする。


「ハードラック」は、脳出血で突然植物状態に陥っている姉を見舞う妹。
姉の婚約者は、ショックで見舞いにも来ないけれど、その兄が代わりに
見舞いによく来て妹である、わたしと会話する内容が、なかなか意味深く
いいかんじ。

身近な人の死を静かに受け入れていくそんな人たちの様子は、切ないけれど
温かいかんじもした。


ああ、やっぱり、ばななさんの文章は昔からいいなぁ~と再確認(^^)

この表紙のイラスト・奈良美智さんの絵も好き


                       ★★★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 8 11
12 14 15 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]