忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1643]  [1642]  [1641]  [1640]  [1639]  [1638]  [1637]  [1636]  [1635]  [1634]  [1633



発行年月:2015年6月

愛した男は誰だったのか――
現代人の心の襞の奥底に踏み込む、濃密な心理サスペンスの誕生。

なぜ生きるのか? なぜ愛するのか?
人が他者を、自らを支えきれなくなった時代、「生と性」の意味を問い続けてきた著者が贈る、渾身の感動長編!

孤独の中を生きてきた男女が辿りついた場所とは――

幸村鏡子は、長野県軽井沢の外れにある花折町で小さな文学館の管理人兼案内人の仕事をしながら独りで暮らしている。
夫を亡くしてから心身のバランスを崩していた鏡子は、町内の精神科クリニックで高橋智之医師の診療を受けはじめる。やがて鏡子と高橋医師は恋に落ちるが、高橋医師は突然姿を消してしまい......。

                 (毎日新聞出版HPより)



夫を亡くしてから、心理的に不安定になった幸村鏡子(59歳)。

友人・泰代が教えてくれたクリニック内の精神科を受診し、その医師・高橋(55歳)の
診察を受けるようになってから、症状が改善していく。

やがて、鏡子と高橋は、患者と医師という間柄から、男女の関係に。

そこまでは、よくある話なんですが・・・・

高橋の抱えた重たいものの正体がわかり、二人は一旦離れてしまうので
その後どうなるのか気になりつつ読み進めるかんじ。

兎に角、最初から最後まで一気に読みました。

大人の恋愛小説です。
いままでの作品のような濃厚な性的な場面は殆どないのですが、
鏡子の心理描写が、読むがわに強く伝わって来て、切なくなります。

高橋は、間違ったことをしたわけですが・・・・
実害を被った人はなく、逆に鏡子のように救われた人が多くいたということは、
医師の在り方を問うような意味もあったかな?


最後、二人は再び会い、お互いのことを何もかも受け入れて
新たな幸せを一緒に掴もうとしているかんじで、ジ~ンとしました。


大人のための恋愛小説というかんじで、良かった!

表題の意味もよくわかりました。

小池さんの小説、やっぱりいいな。と思わせてくれました!


                          ★★★★★



 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]