忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1642]  [1641]  [1640]  [1639]  [1638]  [1637]  [1636]  [1635]  [1634]  [1633]  [1632



発行年月:2015年5月


 作家デビュー30周年記念作品――彼女は計算して奇跡を起こす。


円華という女性のボディガードを依頼された元警官の武尾は、彼女の不思議な《力》を疑いはじめる。同じ頃、2つの温泉地で硫化水素事故が起きていた。検証に赴いた研究者・青江は双方の現場で円華を目撃する――。

                  (角川書店HPより)



最初は、なんだかファンタジーっぽいなぁ~と思いながら読んでいましたが・・・
次第に事件が絡んで来て、物語の展開が面白くなってきた感じ。

主人公は羽原円華(18歳)。
彼女には不思議な力がある。
気象状況を敏感に感じ取り、それを使って奇跡的な現象をつくりだす事ができる。

その能力を授けたのは、父親で脳神経外科医。

そして、同じような能力を持つ青年・甘粕謙人。
一家が巻き込まれた硫化水素によるガス中毒で、母親と姉を亡くし、自身は一時
植物状態であったのを円華の父が手術し、その後、奇跡的に回復した。


円華と謙人、二人に共通する能力。

謙人の一家が巻き込まれた中毒事件の真相。


終盤近くまではハラハラドキドキだったけれど、ラストは意外とあっさり。
これでお終いかなぁ~?というかんじ。

円華と謙人のその後もちょっと気になるなぁ~。

東野作品は、読みやすいのはいい。

この表紙の絵(写真?)も雰囲気あっていい。


気になった「ラプラス」は、物語中に説明アリ、数学者の名前だそうですが
実在するんだろか??


                         ★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]