忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1485]  [1484]  [1483]  [1482]  [1481]  [1480]  [1479]  [1478]  [1477]  [1476]  [1475



発行年月:2014年5月

母が殺された――その悲しみの葬儀の席で逮捕連行されたのは、弟だった。

大企業勤務のエリートサラリーマンの父、良妻賢母を絵にかいたような料理上手の母、幼いころから両親の期待を一身に背負い、溺愛されてきた弟、そして彼らのなかで、ひとり除けものであるかのように成長した主人公、葉山和弘。
遺棄死体となって発見された母親の被疑者が弟であったことで、父親は頑なにて弟の無実を信じ、反証を得ようとするのだが――。

                   (文藝春秋HPより)




主人公の葉山和弘(35歳)は、大学時代に知り合った妻と盆栽を栽培し

販売する仕事をしている。

ある日、突然の弟・秀弘が殺人容疑で逮捕される。
母・直子を殺害したという。
そんなはずはないと疑う和弘。
弟は母が大好きだったし、母も弟を溺愛していた。
そして、一流証券会社勤務だった父も子どもの頃から出来が良い弟を溺愛し
家族内で自分だけが、なんだか疎外されたように感じていた。

父は弟は冤罪だと信じ、弁護士を探し無実を勝ち取って欲しいと望む。

和弘も弟の無実は信じたいが、過去の出来事などを思い出し、もしかしたら
弟が殺したのは間違いないかもと思いはじめる。



子どもの頃からずっと感じていた疎外感が大人になっても消えないって辛いだろうな。
裁判が進むにつれ、わかってくる真実。
今まで知らなかった母のことや弟のこと。


そして、幼い頃から感じていた自分の疎外感は勘違いだったこと。

ワンマンな父親が和弘の妻・久美子の言葉がキッカケで態度を柔らかくしたとき
から少しホッとしました。

まだまだ裁判は続き、和弘たち家族には辛い戦いが待っていそうですが
和弘の気持ちが以前と変化したことは良かった。

妻の久美子の存在が大きい。
そして生まれてくる子供の存在もこれから大きな支えになりそう。

なかなか面白かった。


                          ★★★★
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]