忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1484]  [1483]  [1482]  [1481]  [1480]  [1479]  [1478]  [1477]  [1476]  [1475]  [1474


発行年月:2014年12月

なして助がった? 流されちまえば良がったのに。3・11のあと、妻たちに突きつけられた現実に迫る長篇小説。

乳飲み子を抱える遠乃は舅と義兄と、夫と離婚できずにいた福子は命を助けた少年と、そして出戻りで息子と母の三人暮らしだった渚はひとり避難所へむかった。段ボールの仕切りすらない体育館で、絆を押しつけられ、残された者と環境に押しつぶされる三人の妻。東日本大震災後で露わになった家族の問題と真の再生を描く問題作。

                  (新潮社HPより)




3.11のとき、奇跡的に助かった人たちのその日とその後を追う。

主な人物
・椿原福子(55歳)・・・嫌悪感しか抱かない夫の存在に堪えながらの生活。
3.11の日は、勤務先の奥さんから頼まれた買い物をスーパーでしていた。
車で帰る途中、津波に飲みこまれるが運よく助かる。

そして、津波に流されてきた昌也を助ける。

・山野渚(40歳)・・・夫と離婚し息子の昌也(小5)との生活。
スナックのママとして家計をやりくり。
津波に巻き込まれたらしい息子の安否を心配していた。

・漆山遠乃(20代)・・・知り合いの女性と買い物に行く車中で津波に飲まれそうに
なる。まだ乳のみ児の智彦を抱えている。
舅と義兄との避難所生活を強いられる。


3人の女性たちが、やがて避難所で知り合い、お互いに励まし合う仲になる。
一番気の毒だったのは、若い遠乃。
夫が遺体で発見された後は、苦労の連続。
精神的に参る寸前で、福子に出会ったことが幸運!
あんな舅と義兄に一生つきまとわれたら辛すぎるでしょ!?

ラストは、なんとか皆、希望を持てる暮らしを始められた様子でホッとした。


実際、こういう風に前向きに新生活を始められる人ばかりじゃないんでしょうが・・・
理不尽に今までの生活を断ち切られてしまうのってやりきれない。


参考文献が後ろにずら~っと並んでいました。
いろいろ調べて書かれたんだろうな。


                            ★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 8 11
12 14 15 17
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]