忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1449]  [1448]  [1447]  [1446]  [1445]  [1444]  [1443]  [1442]  [1441]  [1440]  [1439



発行年月:2014年10月


 ケースワーカーはなぜ殺されたのか
優秀な先輩の素顔を追って、
女性ワーカーが生活保護の闇を炙り出す!

結局、堕落者はいなくならないってことだ──

念願の市役所に就職がかなった牧野聡美は、生活保護受給者のケアを担当することになった。敬遠されがちなケースワーカーという職務に不安を抱く聡美。先輩の山川は「やりがいのある仕事だ」と励ましてくれた。その山川が受給者たちが住むアパートで撲殺された。受給者からの信頼も篤く、仕事熱心な先輩を誰が、なぜ? 聡美は山川の後を引き継いだが、次々に疑惑が浮上する。山川の知られざる一面が見えてきたとき、新たな惨劇が……

受給者、ケースワーカー、役人……
それぞれの思惑が交錯する渾身の社会派サスペンス!

                      (祥伝社HPより)




読み応えありの社会派ミステリーだったと思います。

巷でも問題の「生活保護不正受給」の実態が描かれていました。

主人公の牧野聡美は、市役所に就職1年目の新人。
福祉保健部社会福祉課で、生活保護受給者に接する。
最初は、仕事にやりがいを見いだせなかった聡美。
尊敬する上司の山川から「いつかこの仕事をしていてよかったと思えるときがくるよ」と言われたが全くピンと来なかった。

が・・・その尊敬していた山川が他殺焼死体となって発見される。
発見されたのは、山川が担当していた生活保護受給者たちが暮らすアパートの空き室。

山川が担当していた生活保護受給者たちを先輩の小野寺と二人で担当することに
なった聡美は、小野寺とともに何故山川が殺されたのか?が気になり
独自に調べはじめる。

そしてわかってくる真相。


生活保護受給者とヤクザとの関係。
本当にそんな実態があるのかな?
役所の仕事も複雑な対応を迫られることになって大変だ!


人間関係が上手く絡み合って、事件の真相に辿り着くまでハラハラドキドキしながら
楽しめました。

表題の「パレートの誤算」の意味は、ラストに明かされて、なるほど・・・・と。


生活保護受給者というと怠け者というレッテル視しがちな風潮があるけれど
本当に困って受給し出来るだけのことをしながら頑張っている人も多いということを
忘れたらいけないなと思った。


聡美が最後は、山川から言われた言葉の意味を理解できたことが良かった。


                      ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 6 8
10 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]