忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[614]  [613]  [612]  [611]  [610]  [609]  [608]  [607]  [606]  [605]  [604

5637c401.jpg   発行年月:2011年3月


   『ストロベリーナイト』のガンテツ。
   『シンメトリー』/「過ぎた正義」の倉田。
   そして、捜査一課姫川班最若手だった葉山。

捜査一課殺人犯捜査係のガンテツこと勝俣健作が手がけた、
製薬会社サラリーマンの殺人事件。

息子の起こした殺人事件によって刑事の職を追われる直前、
倉田修二がかかわることになった、二人の男女を襲った路上殺傷事件。

姫川玲子班解体直前、
殺人犯捜査第十係に所属していた葉山則之が担当した、
世田谷の老人同士の小競り合い。

事件の規模も様相もさまざまだが、共通している点が、ひとつあった。
それは、被害者の個人情報を、
犯人は何らかの手段で手に入れているらしきこと。

事件の背後には何があるのか!?

                                          (光文社HPより)


姫川玲子シリ-ズにたびたび、脇役的に登場のガンテツこと勝俣警部補の捜査が主の物語。

最初、起きる殺人事件やら小競り合いのような事件に関連性があるとは思わず、読んでいましたが、最後の方で、それらの事件は、ある人物にとっては、一連の関係性があったとわかる。

なるほど~、そういうことだったのかぁ~!!

この表題の意味もそこで、納得出来ました。


姫川玲子もちょこっと出て来てくれて、ガンテツとは相変わらずの仲の悪さ。
でも、相手の力はお互い、認めているんだなぁ~ということもわかり、嬉しい。

次は、また姫川主役の物語を読みたいな~。


★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]