忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46
4e0fd064.jpg発行年月:2005年9月


あたし、大西葵13歳は、
中学2年生の1年間で、人をふたり殺した。


                      (本の帯文より)



衝撃的な帯文!
中学2年生で殺人?しかも2人?

葵は、学校では明るくて、ひょうきん者。
それは意識してそうしているだけ。
家では、心臓病を患ってるのを言い訳に母の再婚相手(義父)が昼間から酒びたりで怪物のようにのさばっている。

葵の友達、颯太だけは以前から自分の苦悩を理解してくれている。
颯太の父親もアル中。

そしてとうとう、葵は義父を殺してしまう。だが、元々心臓が悪かったので、病死扱い。
だが同級生の静香は、事実を知っている。
静香が「わたしも殺したい人がいる」と告白し、葵と静香は、妙な連帯感を持つ。
学校では目立たない風貌の静香だが、実はそれも意識してそうしているだけ。


葵と静香、二人の家庭環境やら、育ってきた境遇は、普通とは違う。
人を殺したいと憎んで、本当にそれを実行する少女たちは残酷だが、淡々とした行動のなかには罪と感じていないような、変な明るささえあり、その辺が怖い。

人を二人殺すことは、特別なことだけど、二人の少女が育ったような環境でずっと何かに圧迫されるように生きてきたら、もしかして人は誰でもこんな風に思ったり、行動しちゃったりするのかも・・・。
少女たちの苦しみがよく描かれていました。


ラストも救いがあるのか?ないのか?分からないのですが、二人の少女はどこかでホッとしているかんじ。
罪なことをしてしまったという認識はあったのでしょうね。
やるせないかんじ。
殺人を犯す前に誰かが守ってあげられなかったのが可哀相。

重たい話です。本の表紙が爽やかなことだけが救いでした。
でも、物語としては、面白かった!

★★★★
 





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ぴゃおさんへ
今、ぴゃおさんの方にも書き込みしてきたけど、独特の雰囲気なんだよね。
実際、身近にこういう子が居たら、正直近づきたくないような気はするけど、物語として第三者的に見るのは、興味あるというか・・・。

暗いし、救いがない話だけど、そう!
最後まで引きつける文章なの!

今、長女が読んでるよ。(読み途中で修学旅行に行っちゃってるけどね)
同年代の子には、また違うものが響くかな?
読後感想を聞くのも楽しみ
kyoko 2009/05/27(Wed)22:50:59 編集
無題
私は「ファミリーポートレイト」を読み終わってこの作家はちょっと怖いな~って思ったよ。
この作品もちょっと暗い方向だね。
でも何か引き付ける内容と文章力がある気がするよ。
ぴゃお 2009/05/27(Wed)18:42:12 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]