忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[511]  [510]  [509]  [508]  [507]  [505]  [504]  [503]  [502]  [501]  [500
f30616e2.jpg   発行年月:2010年11月


  
 桜庭ワールド、今度は江戸時代へ!

   娘で猟師の浜路は江戸に跋扈する人と犬の子孫「伏」を
   狩りに兄の元へやってきた。
   里見の家に端を発した長きに亘る因果の輪が今開く


                              (文藝春秋HPより)


物語は、先ず最初に山でのびのび育った少女・浜路が、育ててくれた祖父の死を機に江戸で暮らす兄・道節を頼って山を降り、兄のもとで暮らし始めるところから始まる。
その時、出会った不思議な人影。それが「伏ふせ」(犬人間)との最初の出会い。

今、気づいたけど・・・「伏」ってニンベンにイヌなんだ!!


兄は、剣の使い手であるが、仕事がなく、「伏」を狩ってその賞金を稼ぐことで生活しようとしていた。
獣の臭いを敏感に察知する浜路と組めば、鬼に金棒と「伏」探しを始める。

この兄と妹の関係が実にほのぼのとしていて、暗くて重いものが背景にある物語だけど、二人の会話に和みます。
二人が出会う、瓦版「冥土新聞」を発行している滝沢冥土の存在も活きていた!
父親は曲亭馬琴で「里見八犬伝」を執筆中とか。
自身は父親とは別に物語を書いているということで、披露する「贋作・里見八犬伝」が途中に出てくるのだけど、それが良かった!
二人が追う「伏」の歴史のようなものが書かれていて、ちょっと哀しく切ない。

原作である曲亭馬琴の「里見八犬伝」も読んでみたくなる!


昔、映画で薬師丸ひろ子が出ていた「里見八犬伝」しか知らないけど、充分、楽しめた♪

ちょっとこの表紙の絵は苦手でしたが・・・・・^^;

これ、アニメ映画化進行中とか、本の帯文にありましたが、それも気になるなぁ~。

★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 6 8
10 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]