忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1955]  [1954]  [1953]  [1952]  [1951]  [1950]  [1949]  [1948]  [1947]  [1946]  [1945



発行年月:2007年1月


大人になりそこねた男と女は、
名作に導かれて、世にも真摯な三文小説を織り上げる。

いつか死ぬのは知っていた。けれど、死ぬまで生きているのだ。
ささやかな日々の積み重ねが、こすりあわされて灯りをともし、
その人の生涯を照らす。
そして、照り返しで死を確認した時、満ち足りた気持ちで、
生に飽きることが出来る。
私は、死を思いながら、死ぬまで生きて行く、今わの際に、
御馳走さま、とひと言、呟くために

                  (本の帯文より/幻冬舎)



42歳の栄と慈雨。

栄は離婚歴有、子ども離れているがいる。
予備校の国語教師。

慈雨は、両親と暮らし同じ家の下には兄家族(姪が二人)。
花屋を営む。


42歳で知り合い3年が過ぎた二人。
でも、二人の会話は、なんだか可愛い。

この年齢で、こんな会話が出来る男女って素敵だな~と思ってしまった。


能天気な二人だけど、栄には、結構、重たい過去があった。
でもちゃんと社会に関わって自立した生活をしているし
慈雨と出会って、その生活もなんだか明るいものになったかんじ。

二人はお似合いだし、このままの雰囲気で関係が続いたらいいなぁ~。


姪っ子の衣久子と栄の息子・久助の関係もちょっと良い。


色々な小説の1節が時々、書かれているけれど、どれも分からなくて
巻末の解説を観て、ああ、どれも作品名と作者は知っているのになぁ~と
思った。
名作と言われている作品をあまり読んでいないんだな・・・と反省^^;



                         ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 4 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]