忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1891]  [1890]  [1889]  [1888]  [1887]  [1886]  [1885]  [1884]  [1883]  [1882]  [1881



発行年月:2016年6月

傷心のOL、秘密を抱えた男、病を得た伴侶、異国の者、どら息子、居候、苦学生...今はもういない者たちの日々がこんなにもいとおしい。優しく心をゆさぶる、著者会心の最新小説。

                (中央公論社HPより)



第一藤岡荘の5号室に暮らした歴代住人たちの日常を描いた本。
1階に2室。二階に3室。
でも5号室の隣は3号室。

最初の住人は、アパートの大家の息子・藤岡一平(1966~1970年まで住む)
合計・13世帯の物語。

同じ部屋なので、先の住人の生活の痕跡をそのまま引き継いだりしていて
クスッと笑えます。

住人は、学生だったり、単身赴任者だったり、家族だったり、OLだったり。
様々な日常は、特に面白い事が起きるだけでもないけれど、何となく可笑しい。

なかには訳あり住人も居ました。
なんと殺人者で、結局、本人も殺されるんだけど、その辺のことは、大して重要では
ないかのように、サラッと。

藤岡荘最後の住人・諸木十三は、最期をその部屋で迎える。
世間では孤独死と呼ばてしまうものだけど、たまたま一人の部屋で亡くなったというだけ。
彼の周りには、友好的な人間関係があったし、安否確認を頼んでいた人もいた。

最後は、ちょっと哀愁漂う終わり方だったけど、それも良かった。

第六話 ザ・テレビジョンでは、歴代のテレビ番組が並んで
懐かしいなぁ~と一人、にやり^m^


最初から最後まで楽しく読んだ♪



                      ★★★★
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8
10 11 13 14 15
18 19 20 21 23
24 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]