忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1527]  [1526]  [1525]  [1524]  [1523]  [1522]  [1521]  [1520]  [1519]  [1518]  [1517



発行年月:2015年2月

どこかで誰かが
あなたの味方。

でもストレートには
受けとれない、届かない、
なぐさめや励まし……ビターで不思議な7つの世界

・森のような、大きな生き物――この子の未来を応援しよう、と決めた子がわたしたちにはいた。オリンピック代表の彼女に期待し、夢を託したが……。

・ニオイスミレ――産む女を国家全体で支援する世界に住むスミレ。〈志願母〉の彼女は今日も国営のサロンへ通う。

・あなたがいなくなってはいけない――入院が決まった。ステージⅡ。その昔、離婚騒ぎで愚痴を聞いてもらったチョピンを思い出していた。

・地元裁判――まちの結束を乱す人間は、亜子ちゃんの地域でも地元裁判にかけられる。ある日、卯月くん一家が消えた。

・相談――波多野が何か相談したそうだったので課長のおれから飲みに誘った。転職か?諭す準備はできていた。

・ムス子――加賀谷は太った中年女に会った。元同級生、あだ名はムス子。彼女に起こったことを、この時の彼はまだ知らない。

・お風呂、晩ごはん、なでしこ――フージコさんはみんなに愚鈍と笑われる。でも気にしない。かけがえのない仲間はあの中にいる

                       (幻冬舎HPより)



どれもこれも可笑しい^m^
いいなぁ~朝倉さんは短編集も。

表題作があるわけではないけれど・・・最初の話<森のような大きな生き物>が
それかな?
色々なオリンピック選手を想像しながら読んだ。
しかし、この表題作の付け方も妙だ。


<ニオイスミレ>はちょっと怖いな。
SFっぽいけど、出産率が伸びないために国が打ち出した政策を基に展開される
話っていうのが可笑しい。


<あなたがなくなってはいけない>は、途中まで面白く読んでいたけれど
主人公の置かれた状況が何とも辛く気分が落ち込むかんじ。

<地元裁判>こんな裁判があったら、生活し難くて仕方ないだろう。

<相談>これ、笑ったなぁ~。
50歳の課長の妄想の痛さが痛快な笑いに変わる^m^

<ムス子>
ムス子と加賀谷は良い友であり続けてほしい。

<お風呂、晩ごはん、なでしこ>
フージコさんみたいな人、どこの職場にも一人くらい居そう。
でも、ちょっと哀しいな。
なでしこは、わたしも応援しているけれど・・・。



                         ★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]