忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1316]  [1315]  [1314]  [1313]  [1312]  [1311]  [1310]  [1309]  [1308]  [1307]  [1306



発行年月:2014年2月

戦争とは? 日本人とは? 構想三十年、壮大なスケールで描く最後の長篇小説!

「戦争の時代に生きた私の、“書かなければならない” という使命感が、私を突き動かすのです」(山崎氏)。海上自衛隊潜水艦部隊の若き士官を襲う過酷な試練。その父は昭和十六年、真珠湾に出撃して――。時代に翻弄され、時代に抗う、父子百年の物語が、いま始まる。「この日本の海を、二度と戦場にしてはならぬ!」

                   (新潮社HPより)





未完のままの逝ってしまった山崎豊子さん。
完成させたかっただろうなぁ~。


本書は、戦後の日本が舞台。
主人公は花巻朔太郎28歳。
防衛大卒で潜水艦「くにしお」の船務士の二等海尉。

展示訓練を終え、帰港の途中で民間船と衝突事故が起きる。
死亡者、行方不明者を多数出してしまったため、一方的批難を受ける海上自衛隊。

花巻は事故後、遺族宅に出向き、謝罪の言葉を述べる。
日頃、国を守るため懸命に訓練をしているのに、国民の命を奪ってしまう事態を招き
自分の今後のついても悩む花巻。


偶然な縁で知り合ったフルート奏者の小沢頼子との恋の予感もあったのに
今後、どう展開していくのか?

気になる事だらけのまま終わってしまった事がとても残念でならない。
これが完成したら、凄い小説になったでしょう。


花巻朔太郎の父・花巻和成は、帝国海軍少尉として日米開戦時、第一陣として
真珠湾攻撃に投じられ、米軍の捕虜として生き残った者だった。
2巻以降ではそんな父親の戦争体験が読めたはず。

物語の概要は、巻末の山崎プロジェクト編集室のおかげで読めた。
なるほど・・・こういう展開になっていくのか。
実際に山崎さんの文章で読めないのが残念でならないけれど
未完のままでもこうして形にして出版してくれた事は嬉しいこと。


この1冊だけでも十分に感動できました。
戦争とは?自衛隊の役目とは?
今、問題になっている集団的自衛権について・・・・
いろいろ考えさせられる内容でした。

 

こんな物語、書いてくれる作家さん、そうそう居ないでしょう。

そう思うと、亡くなられたのが本当に哀しい。


                                   ★★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23 24
25 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]