忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1196]  [1195]  [1194]  [1193]  [1192]  [1191]  [1190]  [1189]  [1188]  [1187]  [1186




発行年月:2013年8月


あなたに逢いたい。命にかえても。


幕末の江戸で熱烈な恋を成就させ、天狗党の一士に嫁いで
水戸へ 下った中島歌子。
だが、尊王攘夷の急先鋒である天狗党は暴走する。
内乱の激化にともない、歌子は夫から引き離され、囚われの身となった。
樋口一葉の歌の師匠として知られ、明治の世に歌塾「萩の舎」を主宰し
一世を風靡した歌子は、何を想い、胸に秘めていたのか。
落涙の結末!

葉室麟氏絶賛!
女性はこれほどまでに恋を抱いて生きるのか。

                     (講談社HPより)



歌人・中島歌子の生涯を、その門下生であった三宅花圃が、語る。
花圃は作家として、その後活躍し、後輩には樋口一葉が存在していた。


樋口一葉の名は有名ですが、中島歌子と聞いても????
その師匠であった人の物語。

中島歌子は、後定宿の指定を受けている「池田屋」の娘として裕福な暮らしを
していたが、宿に泊まった林忠左衛門以徳に恋心を抱き、その恋を成就する
形で妻となる。
この辺りまでは、読み手も明るい気持ちで物語に向き合えます。
が・・・・以徳は、水戸藩士の侍。
時代は尊王攘夷を唱える若い侍たちがあちらこちらの藩にいる時代。
藩に迷惑がかかってはいけないと脱藩して、天狗党の一員としてその志を貫こうと
する以徳。
結婚して憧れの人の妻とはなったものの、離れ離れの日々。
そして、動乱に巻き込まれる以徳たち。

志のために、ほかのグループと戦ったり、敗れれば逆徒扱いで処刑。
その妻子までが囚われ、同じように処罰を受けるという厳しい時代。
歌子も囚われの身として、いつ命が絶たれるのかわからない状況のなか
生き延びる。
幼い子どもまでが斬首という酷い最期。
辛いことが続くと読むのも苦痛になってきましたが、これが歴史なんだと
我慢して読みました。

辛いなかでも恋しい人を想って歌を詠む女たちが哀しい。


牢から離れ命からがら生き延びた歌子のおかげで、今日まで知られる
歌人や文筆家が育ったと思うと、よく生き延びてくれたという思いが
強く沸いてくる。
読み応え十分の作品でした!!


                         ★★★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8
10 11 13 14 15
18 19 20 21 23
24 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]