忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1191]  [1190]  [1189]  [1188]  [1187]  [1186]  [1185]  [1184]  [1183]  [1182]  [1181




発行年月:2013年9月


 もう二度と会うことはないでしょう。
46歳の誕生日。身勝手な夫や息子たちと決別し、主婦・朋美は1200キロの旅路へ――
「家族」という荒野を生きる孤独と希望を描き切った桐野文学の最高峰!
大反響の毎日新聞朝刊連載に、大幅な加筆修正を施して書籍化。

                   (毎日新聞社HPより)


ああ、面白かったぁ~!
専業主婦の森村朋美46歳。
夫・浩光と息子(健太・優太・)2人の家族4人の生活。
夫は家計の一切を取り仕切り、朋美は生活費20万を受け取るだけ。
通勤の足がわりは朋美の運転する車。
次男の優太はゲームばかりやっていて部屋から殆ど出てこない。

朋美は誕生日のディナーを某レストランに4人で予約するが、次男は行かないと。
3人で出かける事にしたのがけど、車の運転は当然、朋美という態度の夫。
腹が立ったが、車じゃないなら行かないと言う長男。
仕方なく朋美が運転手で向かう。
駐車場が長蛇の列。男二人は用事を済ませたら直接レストランに行くからと
サッサと車を降りてしまう。
やっとレストランに着き、食事になるが、その料理に文句を言う浩光。

何もかもがイヤになり、朋美は「先に帰る!」と店を出る。
が・・・そのまま車で家出しよう!と決断!


最初から、面白かった!
朋美の受ける家族からの屈辱に一緒に怒りながら、家出は当然でしょ?がんばれ~!と
いう気持ち。

旅をする朋美側の物語と残された家族側の物語が交互に語られ、朋美は
どうするのかなぁ~?悪いことに巻き込まれたりしないだろうか?と心配しつつ。
そして車を盗まれて・・・ああ、嫌な展開になっていくのかしら?と
恐々読んでいましたが・・・・救う神あり。
でも、この人たちとの間に何か起きるってこと?とまたまた恐々読み続け
ラストは、予想外の結末でしたぁ~。

心配するほどの大きな事態には至らず、ホッ。
もっと凄いことが起きると、半分期待しましたが、まあ、よかった・・のか?^^;

読ませる力はさすがの桐野さんでした!!


                         ★★★★


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2
4 6 8 9
11 12 14 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]