忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1192]  [1191]  [1190]  [1189]  [1188]  [1187]  [1186]  [1185]  [1184]  [1183]  [1182




発行年月:2012年8月


幼児向け雑誌の編集部で働く、シングルマザーの統子。子どもを保育園に預け、シッターの協力を得ながら、仕事と育児を両立させている。4歳の息子・智康は、夫・阿川の希望もあり、不妊治療の末に授かった子どもだ。産後、すべてが順調かにみえたが、ささいな喧嘩をきっかけに、阿川と統子は離婚

に至った。予定通りには進まない仕事、智康の突然の病気、実母との気持ちのすれ違い、園でのママ友との人間関係など、統子に悩みは尽きないが、日々を全力で過ごしている。そんなある日、統子は旅雑誌のグラビアページに智康とそっくりの、双子の少年が載っているのを見つける。それをきっかけに、統子と智康は、五島列島・中通島へ向かった――。命とは、愛とは、絆とは……子育ての今、子育てのすべてを描き切った感動の家族小説。


                    (実業之日本社HPより)


シングルマザーの統子の子育てに、共感できる部分とそうでない部分があった。

これは読み手によって、共感できる部分とそうでない部分は違うと思うけれど・・・。

統子が息子の智康を思う気持ちには共感。
一人で働きながら子育てしている統子はよくやっていると思う。

けれど、途中から智康の本当(遺伝子上)の父親は誰か?ということが気になり始める
統子には、少し違和感。
同じ立場に立っていないので、自分がその立場ならまた違う意見もあるのかも
しれないが・・・・・。


統子の言う「子どもを持った瞬間から、世の中、怖いものだらけになってしまった」
もなんとなくその気持ちはわかるけれど、
そんな風に思いながらの子育ては随分、シンドイだろうな。
わたしにはあまりピンとこない言葉だった。


物語としては面白く読めたけれど、感動的なものはなかったな。


                          ★★★

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]