忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1043]  [1042]  [1041]  [1040]  [1039]  [1038]  [1037]  [1036]  [1035]  [1034]  [1033
51y7l6zkAML__SL500_AA300_.jpg 発行年月:2012年7月

不慮の事故でP免になった戦闘機パイロット空井大祐29歳が転勤した先は防衛省航空自衛隊航空幕僚監部広報室。待ち受けるのはひと癖もふた癖もある先輩たち!? 渾身のドラマティック長篇小説。

                    (幻冬舎HPより)



ドラマの方を先に見ているので、主人公・空井=綾野剛さん  稲葉リカ=新垣結衣さん
というように俳優さんたちの顔が浮かんで来ちゃいました^^;
それでも原作どおりのイメ-ジなので、頭のなかで場面場面を想像しながら楽しく読めました(^^)


航空自衛隊の戦闘機パイロットの夢を叶えた空井大祐が不慮の事故により、パイロット免許を無くし
配属されたのが航空幕僚監部広報室。
広報班と報道班2つの部署のうち空井は広報班に配属される。
そして、その広報部と一緒に仕事をするのが、帝都テレビ局のディレクタ-・稲葉リカ。
自衛隊の予備知識ゼロなのに、プライドが高く、石頭、残念な美人として広報室にいる
美人なのにおっさんぽい報道部班の柚木典子とは良い勝負。柚木はドラマでは水野美紀。


自衛隊の広報って、こんなことをやっているのね?ととても興味深い内容でした!
有川さんのこの小説こそが、自衛隊の広報活動にかなり活躍するのでは?と思いました。

そして有川さんといえば、コイバナ。

空井と稲葉の段々にお互いを理解し、惹かれていく過程ももちろん、よかったのすが
個人的には、柚木とその後輩にあたる槙との関係が気になりました。
ドラマでもこの辺が楽しみなところ。


そして、ラストにある「あの日の松島」。
3.11があったからこそ、出来たスト-リ-。
有事のときに、どんな気持ちで自衛官たちが任務を遂行するのかがわかり、感動しました。

有川さんの自衛官たちに対する敬意がよく現れた文章でした。

国民ももっと自分たちの国を守ることを使命として日夜、訓練している自衛官たちのことを理解する必要があるなぁ~と思いました。



 

★★★★★


 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]