忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1047]  [1046]  [1045]  [1044]  [1043]  [1042]  [1041]  [1040]  [1039]  [1038]  [1037
410NXeHIE7L__SL500_AA300_.jpg発行年月:2012年10月


「これが書けたら、作家を辞めてもいい。そう思いながら書いた小説です」著者入魂の、書き下ろし長編。

持つものと持たないもの。欲するものと欲さないもの。二種類の女性、母と娘。高台にある美しい家。暗闇の中で求めていた無償の愛、温もり。ないけれどある、あるけれどない。私は母の分身なのだから。母の願いだったから。心を込めて。私は愛能う限り、娘を大切に育ててきました――。それをめぐる記録と記憶、そして探索の物語。


                                        (新潮社HPより)



新潮社のHPみて「これが書けたら、作家を辞めてもいい」と思ったとか。
湊さんの自身作ということかな?

湊さんお得意の主人公達がそれぞれの立場で語る手法。
今回は、母親とその娘。

母親はルミ子。
自身は母親が大好きで、その母親から愛情をいっぱい貰ったと思っている。
実際、ルミ子の母親は素晴らしい人だったと思う。
けれど・・・ルミ子が成人しても第一に考えるのは母親のこと。
自分の娘・清佳(さやか)が生まれれもそれは変わらない。
清佳が気の毒でならなかった。

そして、起きる事故。それによりルミ子は母親を失う。
そのことが更に娘を心の中で憎むことに繋がってしまう。

清佳は、母親から愛されないことを辛く思う。


う~ん。嫌な話だった。
辛すぎる・・・(/_;)
自分が娘であり、娘を持つ母親だから、余計にこんなことありえないでしょ!?と
ルミ子の考え方に腹立たしさを覚えた・・・というよりはゾッとした。
でも、こういう人、居るのかな?
全くの悪人という風でもないから他人からは見えにくい。
本人も自分は子どもをちゃんと愛していると思い込んでいるし。

最後は一応、丸く納まるかんじだったけれど、この先はどうなんだろ?
なんて要らぬ想像をしてしまった。
清佳が幸せにこの先は暮らせますように・・・・。


でも、ふと自分自身のことを考えて不安になった。
わたしの娘たちは、自分は愛されていると思ってくれているだろうか???


好きな話じゃなかったけど、先へ先へと読み進めさせる文章はさすが。


                                           ★★★

 
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 8 11
12 14 15 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]