忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94
IN.jpg発行年月:2009年5月


小説家・鈴木タマキは、今は故人となった、緑川未来男が残した私小説と言われる「無垢人」に登場する緑川の愛人とされる○子の謎を追いながら自身の小説「淫」を書き上げようとしている。

小説「OUT」から10年。




「OUT」は、読みました。
確か、お弁当工場に勤める主婦の一人が犯した殺人を、みなで切り刻んで処分する話。
映画化もされたけど、映像でそれをみる勇気なく、未だに見ていませんが・・・・^^;
小説の内容は衝撃的でしたが、面白かった。


その関連本かと最初、思って手に取りましたが、全く別の物語でした。

「IN」は、人間の内面の葛藤というか、外からは予測できない事柄を書いている?
物語には小説家が複数出てきます。
過去の作品「無垢人」で、自分の私小説(といわれる)作品を残した緑川未来男。
緑川の妻で専業主婦から、童話作家として世に知られることになる千代子。
○子も作家・三浦弓実だと言う話も出てきて、その三浦弓実を師事していた村上貞子も作家。
ほかにも・・・兎に角作家ばかりが登場してくる。

作家の周りには、こうも作家ばかりが集まるものなのか?
途中、少々、混乱しながらも・・・・話が面白いので読み進めました。

緑川の私小説とされる「無垢人」の○子は誰?を元に取材を重ねるタマキも妻子ある編集者・阿部青司と別れたり、よりを戻したりを繰り返す。
自身も夫と子どもが居るのに・・・。

緑川の「無垢人」に実名で登場する人たちとその複雑な関係。
タマキの私生活のW不倫の顛末。

両方を交互に読ませる小説で、なかなか興味深かったけど、少し疲れたかな?^^;

登場する人たち、それぞれがインパクト大の人たちでした。

しかし、これを読んで思った!

小説家の家族(特に妻や夫)、恋人って大変だな~。

私小説なんて言われる物が出ると周囲はそれが事実なのか偽りなのか、知りたがり、そこに実名を出された小説家の家族や恋人にも興味の対象が及ぶですから・・・・。


文中のタマキの言葉
<真実は、真実ではないからです。真実と思えたものを書いた時点で、それはフィクションになります。それを知っている作家は、真実と思えるものを魅力的に、そして面白くします。そのためには、真実に間違われるフィクションが必要なのです>

これ、すごく印象深かった!

桐野さんの持論かな?


小説家が小説家を書くこの小説、なかなか深いものがありました!
面白かった!!

★★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ラブラブラッキ-さんへ
人気作家さんのは予約数、すぐ多くなっちゃいますね
わたしも2ヶ月近く待ちました♪

OUTは、そうそうドラマ化してましたね?
映画化では室井滋だったかな?
気になりつつ、風呂場での解体を想像したら怖くて・・・・

この小説、わたしはOUT以上に面白いと思いました!
OUTは外に向かう何やらすごいエネルギ-を感じましたが、こちらはその表題どおり内へ向面に潜む人間の業のようなものを強く感じました。

これならドラマ化したら見てみたい!
kyoko 2009/07/28(Tue)14:19:20 編集
無題
私もOUTは読みました。
多分、桐野さんの作品はそれだけのような・・・。
これも気にはなっていたんですが、予約しそびれ予約数がすごかったので諦めました。
でも面白そうですね~
一応予約しておこうと思います♪
OUT、ドラマ化もしましたよね。確か田中美佐子と渡辺えり子や飯島直子が出てました。
怖かった記憶があります。
ラブラブラッキー 2009/07/28(Tue)13:30:31 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 20
22 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]