忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[744]  [743]  [742]  [741]  [740]  [739]  [738]  [737]  [736]  [734]  [733
41hSltyaDTL__SL500_AA300_.jpg発行年月:2011年11月

ぼくの愛したその男、罪人(つみびと)につき。
非の打ちどころのない優しさを持つ青年、漱太郎。紳士の顔に隠された、道徳の汚れを垣間見たそのときから、夢生は彼の“告解の奴隷”となった――。
哀切極まる衝撃の結末に、あなたは耐えられるか。
圧倒的熱量で紡がれる生と性の残酷さ、ままならない恋の究極。

眉目秀麗、文武両道、才覚溢れるジェントルマン。その正体――紛うことなき、犯罪者。
誰もが羨む美貌と優しさを兼ね備えた青年・漱太郎。その姿をどこか冷ややかに見つめていた同級生の夢生だったが、ある嵐の日、漱太郎の美しくも残酷な本性を目撃してしまう。それは、紳士の姿に隠された、恐ろしき犯罪者の貌だった――。その背徳にすっかり魅せられてしまった夢生は、以来、漱太郎が犯す秘められた罪を知るただひとりの存在として、彼を愛し守り抜くと誓うのだが……。
比類なき愛と哀しみに彩られた、驚愕のピカレスク長篇小説。


                                       (講談社HPより)



衝撃的な恋愛小説でした!!
さすが、山田詠美!!

普通の恋愛話を書くわけが無いと期待して読んだけど、期待以上でした~。
最初から最後まで一気読み。

これは一般受けする話ではないかも?
男女の清い恋とは、180度別のものなので・・・・・^^;

20年前から特異な関係を保ち続けている、漱太郎と夢生。
ジェントルマンとは漱太郎のことである。
高校で知り合った二人だけど、その当時の漱太郎の最初の印象はジェントルマンと呼ぶにふさわしい。
勉強が出来て容姿端麗なのに、少しも嫌味でない立ち振る舞いで皆から好かれる漱太郎。
だけど。。。ある日、そんな漱太郎の本性を知ってしまう夢生。


そのギャップはあまりにも大き過ぎるけれど、何故か更に惹かれていく夢生。

20年後の彼らの生活に舞台は変わり・・・
二人の関係は、更に周りの人間も交えながら学生時代ほどの濃厚なかんじではないものの続いている。
漱太郎は結婚し、息子が二人いる。
穏やかな結婚生活を続けながらも狂気めいた本性は隠し持っている。

漱太郎の妹の存在が明かされるあたりからもその隠し持っているものの正体が不気味さを増す。

そして・・・・ラストはまたまた衝撃的でした!!
多少の予測はつくもののこういう形で終わるとは!?

凄い!
読み終えたら、脱力。



このタイトルと本の装丁のセンスも好き!!

★★★★★
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1
4 6 7 9
11 13 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]