忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[623]  [622]  [621]  [620]  [619]  [618]  [617]  [616]  [615]  [614]  [613
51crcdxi6pL__SL500_AA300_.jpg発行年月:2011年3月


ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。
誰も信じなくても、自分だけは信じよう。
加賀シリーズ最高傑作

寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺さったナイフだった。大都会の真ん中で発生した事件の真相に、加賀恭一郎が挑む。

帯には、「加賀シリーズ最高傑作」と謳っていることだろうと思います。その看板に偽りなし、と作者からも一言添えておきます。----東野圭吾

                                      (講談社HPより)

文句なしの面白さでした!!
著者のお言葉通り、「加賀シリ-ズ最高傑作」!

最初に起きる殺人事件。
加害者と思われる人物も事件後、交通事故にて病院に瀕死の状態で搬送されたが、その後死亡。
事件は簡単に解決か?
いやはや、加賀はそうさせない。

独自の調査が始まる。
とにかく、現場に足を何度も運び、その場所から関わりのありそうな人物を探し、話を聞き情報収集能力が凄い!
そして、段々にわかってくる真実。

殺された人、犯人だと疑われたまま死亡した人、それぞれの家族や恋人の「なぜ?こんな事が起きたのか!?」の想いを理解し、それに応えるために奔走する加賀の姿が格好いい。

そして、予想外の結末。
途中から「もしかして・・・こういうこと?」と読みながら推理したりもして・・・。
真相が明かされる段階も丁寧に書かれているので読んでいて納得できる。

全てがわかった時には、凄い!!と思った。

亡くなってしまった人は、帰らないけれど、なぜそういうことになったのか理解出来れば、残された家族や恋人は、その死を受け入れ、その後は前を向いて進んでいけるのかも。


これは、来年、映画上映が既に決まっているみたいですね。
加賀役は、阿部寛さん。
本を読みながらも、阿部寛さんの顔が浮かんでいました。
ピッタリの役柄というかんじで、映像化されたものも気になります。


★★★★★
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ラブラブラッキ-さんへ
はいはい、読みましたよ~

加賀さんの人柄がよいですね。
相棒というと従兄弟の松宮でしたっけ?
従兄弟だから、加賀の私生活も知っていて、事件とは関係ない二人の会話もなかなか良いですね。
kyoko 2011/07/30(Sat)15:33:15 編集
無題
読まれましたか!
ほんと面白かったですよね。
加賀さんが益々好きになりました。
相棒(名前ドワスレ・・・)との関係もだんだんよくなってきて読んでて微笑ましい部分もあったりしてこれ好きです♪
ラブラブラッキー 2011/07/30(Sat)10:31:36 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]