忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[456]  [455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447]  [446
e8f346b4.jpg発行年月:2010年7月


老女の院内感染、母親による幼児虐待。ふたつの「死」の疑惑を追ううちに、世を捨てたはずの男の人生が動き始める----。
65万部突破のベストセラー『償い』の“ホームレス探偵”再登場。


                      (幻冬舎HPより)



『償い』の主人公・元医師でホ-ムレスの日高英介が主人公。
ということに途中で気づきました^^;


こちらでは、ちゃんとアパ-ト住まいをしてるので、ホ-ムレスではなかった。
そのアパ-トの大家さん・石岡華子とは、家族みたいな関係を築いていて、その大家さんの複雑な人間関係が結構、物語の中心になっていたようなかんじ。

元医師だという日高は、優しく面倒見が良い性格なんだなぁ~。

『償い』では、幼い息子が病死し、その後、妻が自殺し、自暴自棄になってホ-ムレス生活に突入したと記憶しているけど、この『赦し』の中では、妻子に対して罪の意識のようなものを抱えているのは、わかるけど、どうして?と思ったまま最後まで、その辺は明らかにされず、やや消化不良というかんじ。

主人公の日高より、その周辺で起きる諸々の事の方が、中心になっているので、
ややごちゃごちゃしてたかな?

話は面白く読めたけど、日高自身に焦点を当てた物語にして欲しかったな。
あくまでもわたしの希望ですが・・・・^^;


最後、妻子の眠る墓地に辿り着いた日高は、幸せな気持ちだったのかな?
自身もまた「赦された」と感じることが出来たのかな?

★★★
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 6 8
10 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]