忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[459]  [458]  [457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449
9387e8a8.jpg   発行年月:2010年8月

通り魔事件発生! 犯人、捕まらず! 

非常事態なのに、
ここの住民たちがひねもす考えていることといったら……。

未解決事件があった街の人々の「つぶやき」がすれ違ったとき、
心のドラマが走り出す。


茂森正則(13)
冷静沈着キャラを通すためアイスのふたの裏を舐めないようにしている男子中学生。

辻村有紀子(17) 
憧れの作家が近所に住んでいるのを知り、会いに行く決意をする女子高生。

最上幹基(20) 
将来、弁護士になりたいが勉強する気ゼロの家業手伝い兼自宅浪人。自称モテ男。

安西奈緒美(30) 
同居の「カワイイ」義母と釣り合わせるため「さばさば」した嫁を演ずる女子事務員。

工藤泰介(46) 
四歳で世界中の国旗と国名と首都を言えたことが心のよりどころの喫茶店マスター。独身。

倉持のぶ子(50) 
「ドラッグストアでどうかと思うくらいまじめに働いています」(本人の弁)。バツイチ。

                                        (光文社HPより)


第1章から第6章まで、↑の人たちが順番で主人公になります。
最近、起きた地下鉄の駅コンコ-スをサバイバルナイフを振り回して駆け抜けた事件がそれぞれの話に共通に出てくる。
同じ地域の同じときを生きる主人公たち。

それぞれの日常は、大したものではなく・・・
話も特に面白くないのだけど、何故か可笑しい。
特に男性陣が・・・・・ちょっとキモチワルイです^^;
最初の正則は、まあ中学生だから・・・いいのですが。

第3章の最上幹基と第5章の工藤泰介は、イヤです!

通り魔事件の真相は、詳しく語られないけど、最後の方で犯人は捕まったらしいとわかり、もしかして・・・あの人?という予想は付きます。

最後まで読んで・・・「あれ?もしかして?」とまた最初に、戻って読んで「そうかな?」と思うくらいなので、あまり物語りそのものに関係ないのかもしれないけど・・・・。

でも、日常のほんとに何でもない事を描くのが巧い作家さんだなぁ~。

感動する話とか、印象に残る言葉とか特にないんだけど、結構、すき。

★★★
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
9 11 13 14
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]