忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249
MOMENT240_.jpeg発行年月:2002年8月


最後に一つだけ、必ず願いごとを叶えてくれる人物がいる。
そんな不思議な噂が、患者たちの間で囁かれていた。
アルバイト清掃員の学生が垣間見た、その病院の伝説とは・・・・


             (本の帯文より)
 

先に本書の続編と言われる『WILL』を読みました。
こちらの主人公は、大学生でアルバイトで病院の清掃員をしている神田。

その病院に患者同士の間で伝わる噂を耳にし、どうやらその願いを叶える人物は清掃員の格好をしているとか?
予後が悪く、死期もそう遠くない患者たちから、そんな話を聞き、どんな願いがあるのか聞く神田。

そして、自分のできる範囲のお願い事を引き受ける。
そのお願い事をする患者たちとの話が短編形式で進む。

願いを聞くと言っても、バイトの延長みたいに気安く。
そんなところが、かえって偽善ぽくなくて良かったな。

先に読んだ『WILL』の主人公である葬儀屋の幼なじみ・森野も度々、登場。
死期の迫った患者に「森野葬儀店をよろしく伝えろ」とか口は相変わらず悪いけど、根は優しいと知って読むので、二人のそんな会話も微笑ましい(^^)

喉頭がんの男性、心臓病の中学生、乳がん再発の女性などなど・・・いろいろな患者と接する神田。
最後はどの人も亡くなる・・・が、単純に悲しい、可哀相という話でもなく、かといって残りの人生光り輝くようなもので、残された人には希望の光・・・みたいな大袈裟なものでもなく・・・・全てが淡々と進んでいく。
そんな淡々とした話の中に、時に胸にグッとくる言葉があったり、ハッと気づかされる言葉があったりで、どの人の話も胸に沁みるものがありました。

そのなかでも乳がん患者の女性との話「FIREFLY」は素敵だったな。
泣けました。
神田の人柄にも惚れた!(笑)


あ~また『WILL』を読み返したくなったな~。

神田と奥野の『WILL』以降のその後も書いてくれないかなぁ~。


 
★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]