忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1835]  [1834]  [1833]  [1832]  [1831]  [1830]  [1829]  [1828]  [1827]  [1826]  [1825



発行年月:2016年10月

吹奏楽部には入らないと、高校の入学式で美由は心に決めていた。だがクール女子の久樹、優しい菰池ら同級生との出会いが美由の気持ちを溶かし……。人と繋がり、好きなことを再び始めるまでの16歳の心情を丁寧に描く。すがすがしくキュートな青春小説。

                  (朝日新聞出版HPより)


表題の意味は何か音楽用語?と思ったら
表紙裏に説明ありました。

アレグロ (音)快速に (伊)陽気な、快活な
ラガッツア (伊)女の子、少女、娘


主人公の相野美由は、中学時代2年の夏の終わりまで吹奏楽部でフルートを
演奏していた。
同じ部活で仲良しの愛沙と一緒に過ごす時間が楽しかったけれど、
ある日、愛沙から言われた言葉にショックを受け、その後関係がギクシャクしたまま。

高校に入学して隣の席になった久樹友里香と言葉を交わし、不器用だけれど優しい
不思議な性格に何だか惹かれるものを感じる美由。
そして、二人の様子をいつも見ている菰池君。

3人のやり取りがなんだか可笑しくて微笑ましい。

共通しているのは楽器演奏経験者ということ。

菰池くんの「一緒に吹奏楽をやろう」の言葉で3人は吹奏学部に。

終盤、なんだかギクシャクしたまま別れた愛沙との偶然の再会にも
自然と話かけが出来た美由に成長の証をみた感じで嬉しかった。

自分のことを理解してくれる友の存在って大きいよなあ~。
3人の友情がこの後、どうなっていくのかも気になるけど
これはこのまま終わるのがいいかも。


                        ★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 4 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]