忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1625]  [1624]  [1623]  [1622]  [1621]  [1620]  [1619]  [1618]  [1617]  [1616]  [1615



発行年月:2015年3月

面倒だけれど愛おしい――「ふるさと」をめぐる5つの物語

桜前線が日本列島を北上する4月、新幹線で北へ向かう男女5人それぞれの行先で待つものは――。婚約者の実家を訪ねて郡山へ。亡くなった母の七回忌に出席するため仙台へ。下級生を事故で亡くした小学4年生の女の子は新花巻へ。実家との確執、地元への愛着、生をつなぐこと、喪うこと……複雑にからまり揺れる想いと、ふるさとでの出会いをあざやかな筆致で描く、「はじまり」の物語。ふるさとから離れて暮らす方も、ふるさとなんて自分にはない、という方も、心のひだの奥底まで沁みこむような感動作。

                  (実業之日本社HPより)




ふるさとを思いながら、東北に新幹線で向かう人々の物語5つ。

その話も人を想う優しさがあって、温かい気持ちにさせてくれる。


<モッコウバラのワンピース>
千葉から宇都宮に1人で暮らす祖母を訪ねる大学生の智也。
祖母は、50歳を過ぎてバスツアーで旅した栃木県で出会った男と再婚した。

<からたち香る>
婚約者の実家、福島に挨拶に行く律子。

<菜の花の家>
母の法要で4年ぶりに故郷の仙台に向かう。
機嫌が悪くなった姉の一人娘・百花(4歳)を気を紛らせるため連れ出す。
話のなかで、「おばあちゃんと緑色のお団子を一緒に作って食べたよ」と。

<ハクモクレンが砕けるとき>
叔母の結婚式のため、家族で岩手に向かう小学2年生の知里。
旅の途中、思い出す事故で亡くなった同級生のみどりちゃんのこと。

<桜の下で待っている>
新幹線の車内販売をしている、さくら。
成人してすぐに両親が離婚し、母は別の家庭を持っている。
離婚当時はまだ中学生だった弟・柊二が相談したいことがあると言い会うと・・・



東北新幹線、乗ったことないので、東北地方に新幹線で行ってみたくなった。
最後の話の、さくらが、前の話の主人公たちと車内ですれ違っていると
思うと楽しい。


                           ★★★




 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]