忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1630]  [1629]  [1628]  [1627]  [1626]  [1625]  [1624]  [1623]  [1622]  [1621]  [1620



発行年月:2015年4月

未練を残して死んだ者は鬼となり、井戸の水を赤く濁す。そのままでは水源は涸れ、村は滅んでしまう。鬼となった者の未練を解消し、常世に送れるのは、“ミツハの一族”と呼ばれる不思議な一族の「烏目役」と「水守」のみ。大正12年、黒々とした烏目を持つ、北海道帝国大学医学部に通う八尾清次郎に報せが届く。烏目役の従兄が死んだと。墓参りのため村に赴き、初めて水守の屋敷を訪ねた清次郎は、そこで美しい少女と出会う──。過酷な運命を背負わされた二人と一族の姿を抒情豊かに描いた、清艶な連作ミステリ。

                     (東京創元社HPより)




短編連作の形。
ミツハの一族には、烏目を持つ男とむくろ目を持つ女が生まれる。

亡くなった者がこの世に未練を残すと、井戸の水が濁り小安辺の村の池に鬼が出たことを
報せる。
鬼を黄泉に送ることが出来なければ、村の水は枯れてしまう。
そのために、烏目役とむくろ目の水守で力を併せ、鬼の未練の元を断ち切らなければ
ならない。


<水面水鬼>
最初の話の鬼は、清次郎の従弟で村の烏目役だった八尾庄一。
庄一は、自死だった。
庄一の未練の元は水守。

<黒羽黒珠>
次の話の鬼は、亡くなった3兄弟の末っ子7歳の捨吉。
未練は、拾って育てようとしていたヒナ。

<母子母情>
鬼は佐々本トシ38歳。
妾として子どもを産んだが産後の肥立ちが悪くて亡くなった。
残した子の将来が心配で成仏出来ずにいた。

<星雲青山>
鬼は内藤由太郎80歳。
移住する前の地が懐かしく忘れられずにいた。

<常世現世>
鬼は八尾清次郎。
未練は、水守。


どの話の鬼も未練を断ち切れない亡き人たち。
哀しいのは、最後の話。
烏目役は一度きりだと最初は思っていたのに、いつしか水守に会うことに
喜びを感じてしまった清次郎。
従兄の庄一と同じ運命を辿ることになってしまった。


怪しく美しい話でした。


                         ★★★★★
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1
3 5 6 8 9
10 11 12 14 15
17 19 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★☆最後まで読んだが好みじゃなかった
★★飛ばしつつ一応最後まで目を通した
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]