忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1634]  [1633]  [1632]  [1631]  [1630]  [1629]  [1628]  [1627]  [1626]  [1625]  [1624



発行年月:2007年4月


 独身女、家を建てる
30代半ばの独身女性はある日、重大な決意をする。それは、家を建てること――。仕事よりも、恋よりも、結婚よりも、家……それは正しい女の生き方ですか?
今一番注目の女性作家・中島たい子新作小説。

「家、欲しいな」
わずかであっても空間に囲まれている、独立した建物。その個体を専有して暮らす私。イメージしたとたん頭の中の霧が晴れていくような感じがした。ちょっと待って、私、今なんて言った?思考を切るようにイスから立ち上がり、キッチンにもどった。紙袋の中から蟹缶を出して、食料品棚にしまい、アボカドも野菜かごに入れる。でも、さきほどの爽快感はまだ残っている。

別れて1ヵ月以上たった彼から突然届いた「宅急便」。はたして中身は……?傑作短編「彼の宅急便」同時収録。

                   (講談社HPより)




名前は知っていたけど、初めて読んだかも・・・。

<建てて、いい?>
30代半ばの独身女性。
結婚したいと思っていたけれど、はたと自分の居場所が欲しいんだと気づき
家を建てることを決意する。

家を建てるのに、相談したのが建築会社の男性・福島。
彼とは、おばの勧めで見合いをしていた。
顔を合わせた瞬間、お互い、本気で見合いしたいわけではないことに気づき
その後は、家造りのよき相談相手としての付き合い方。

もしかして、それでも二人は良い関係に発展するとか?と少し期待しましたが・・・
その期待は外れ。
ま、それも良かったかな?

家を建てるって楽しいだろうなぁ~。
建てると決めたその瞬間から、ワクワク感が始まるんだなぁ~。
実際の家、どんなかんじなんだろ?、間取りが見たい!


<彼の宅急便>
同時収録のこちらの短編も良かった!
むしろ、話としては、こちらの方が好き。

別れて1か月少し経ってから、宅急便で送られてきたもの。

なんで、この二人は別れちゃったんだろな。



初読みの作家さんだったけど、読みやすく、登場人物たちが魅力的で
面白かった。
ほかの小説も読んでみたいと思った。


                        ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]