忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1464]  [1463]  [1462]  [1461]  [1460]  [1459]  [1458]  [1457]  [1456]  [1455]  [1454




発行年月:2014年11月


 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした。
「わたしたちは親友で、共犯者」

復讐か、サバイバルか、自己実現か——。
前代未聞の殺人劇が、今、動き始める。

望まない職場で憂鬱な日々を送るOLの直美。
夫の酷い暴力に耐える専業主婦の加奈子。
三十歳を目前にして、受け入れがたい現実に
追いつめられた二人が下した究極の選択……。
「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」

すべては、泥沼の日常を抜け出して、人生を取り戻すため。
わたしたちは、絶対に捕まらない——。

ナオミとカナコの祈りにも似た決断に、やがて読者も二人の〈共犯者〉になる。
比類なき“奥田ワールド

                   (幻冬舎HPより)




ナオミの章とカナコの章に分かれていますが
二人とも最初から登場します。
二人は大学時代からの親友で、最初のナオミの章では主にナオミの仕事の話。
現在の「葵百貨店」に勤務して7年のもうすぐ29歳。
百貨店の仕事上知り合った中国人の李朱美は、見た目はケバケバしい品のない
女性で最初は嫌悪感すら抱いていた相手だが、会社経営している金持ちで性格も
思ったことはズバズバ言うが親身になって何かと助けてくれる相手になっていく。

一方のカナコは銀行員の夫と二人暮らしの専業主婦。
しかし、夫の暴力に悩んでいた。


そんな二人が夫を殺害する。
計画を練って・・・。
ここでナオミが利用するのが、李社長絡みの中国人。


カナコの章では、実際、計画通り殺害したその後の二人のことが書かれていて
ハラハラドキドキが止まらない。
最後の最後までその緊張感を持続させてくれた。

殺人はいけないことと誰も思いながら、きっと誰でも二人を応援しちゃうと
思うなぁ~。
「どうか捕まらないで!!」と願いながら読みました。


が・・・強敵だったのは、殺害した夫の実の妹・陽子。
彼女にとっては大切な兄なわけだから、陽子も必死に真相究明を図るんだけど
陽子が邪魔な存在に思えてくるからね・・^^;



ホント、読者も共犯者にされちゃう作品だった!
でも面白かったなぁ~。


                           ★★★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 8 11
12 14 15 17
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]