忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1461]  [1460]  [1459]  [1458]  [1457]  [1456]  [1455]  [1454]  [1453]  [1452]  [1451



発行年月:2014年11月

話したかったことと、話せなかったこと──。心の底の思いを物語にした珠玉の作品集。

ことばは、こばとになって飛んでゆき、またことばになる──。少年のはじめての秘密。自分の行く末が不安でたまらなかった頃の夢。少女のゆれ惑う性の兆し。つないだ手の先の安堵と信頼。限りなく近くまで来て、再び遠ざかってゆく死。記憶の底にしまってあった繊細な情感を丁寧に掬って描く『夏の庭』の著者による胸に沁み入る小説集。

                    (新潮社HPより)




6つの短編、どれも良かった。
少し暗く重たい話が多いのですが、文章が綺麗で惹きこまれるかんじ。
いろいろな記憶の物語。

<緑の洞窟>
生まれつき病弱だった双子の弟・ヒロオとの思い出

<焼却炉>
ミッション系の女子高時代、掃除のあと、使用済み生理用品を焼却炉に運ぶ

役目を自分から仕方なく買って出た。
手伝ってくれたカナちゃんとの会話の思い出。

<私のサドル>
母が使っていた自転車を使っていた高校時代の思い出。
好意を持っていた男子が女性教師との噂で退学騒ぎ。
自転車のサドルが慰めてくれた。

<リターン・マッチ>
虐められっこのあいつは虐めている全員にケットウ状を送り一人ずつ
校舎の屋上に呼び出す。
俺は、あいつを巴投げで投げつけ失神させてしまう。
が、それが機になりあいつと親しくなる。

<マジック・フルート>
小学6年から2年ほど、母方の祖父の元で暮らしていた。
祖父のピアノを弾き、ピアノの先生の元にも通わせて貰ったが、先生の姉の
ちょっと変わった網枝さんとの関わりの方が深かった。

<夜の木の下で>
両親が早くになくなり、弟の面倒を見ながら二人で生きてきた。
その弟が今28歳。今は自転車に乗って居たときタクシーと接触し頭を強く打ち
人工呼吸器で静かに眠っている。



どれも主人公にしかわからない心の深いところの記憶を語ったもの。
切なく少し重い話もあったのですが、<焼却炉>は、女性ならではの
体験が綴られていて、なんだか似たようなシチュエーションを体験しているので
懐かしくその時の情景が浮かんで来ました。

表題作は、一番最後。
哀しい結末は嫌だな・・・とドキドキしながら読んでいたけれど
希望が見えるラストでホッとしました!!

文章がとても繊細で美しいと思う作家さん。
ほかの作品も読みたいなと思いました。


                          ★★★★★

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]