忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1402]  [1401]  [1400]  [1399]  [1398]  [1397]  [1396]  [1395]  [1394]  [1393]  [1392



発行年月:2014年1月

東京での過酷な仕事を辞め、故郷の新潟で深夜バスの運転手をしている利一。
ある夜、彼が運転するバスに乗ってきたのは、十六年前に別れた妻だった――。

父親と同じく、東京での仕事を辞めて実家に戻ってきた長男の怜司。
実現しそうな夢と、結婚の間で揺れる長女の彩菜。
そして、再婚した夫の浮気と身体の不調に悩む元妻、美雪。

突然の離婚で一度ばらばらになった家族は、
今、それぞれが問題を抱えて故郷に集まってくる。
全員がもう一度前に進むために、利一はどうすればいいのか。

家族の再生と再出発をおだやかな筆致で描く、伊吹有喜の新たな代表作!

                    (文藝春秋HPより)




離婚して16年の夫婦。

妻・美雪は、新たな家庭を持ち、子どももいる。

夫の利一は、東京と新潟を結ぶ定期高速バスの運転手。
夜間走行のときもあり、東京まで走ったときには、古井志穂の営む居酒屋へ行き
そこで休養するのが常。

そして、16年ぶりにバスに乗って来た美雪と会う。
実家の父が入院していて、家が空き家になっているため、時々、帰って
家の手入れやら父親の様子を見に言っているという。
思言わぬ再会から、ちょくちょく会うことになる。
美雪と利一は、高校の先輩後輩の関係だった。


それから東京で就職していた長男の怜司が何やら問題を抱えたふうで実家に戻ってくる。
何か精神的にも追い詰められている風だが、細かいことを聞き出せない利一。

長女の彩菜は東京でほかの友達2人と何やらイベントのようなものを催して
人気を得ているという。

それぞれの思いを抱えて一か所に集まった者たちが、自分のなかに抱えているものを
掃出し、また別々の場所で生きていくために進む・・・・そんなお話。

利一と志穂の関係が美雪の登場によって、壊れたのは、残念だった。
誤解があったとちゃんと説明するべきなのに・・・
利一のなんか、優柔不断な態度は女性としては、許せないな~。

ラスト、こちらの関係は、修復の余地ありかな?というかんじでしたが
志穂がこのままじゃ可哀想ですからね~



話がややグチャグチャしたけれど、まあまあ面白かったかな?


                        


                          ★★★
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]