忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1398]  [1397]  [1396]  [1395]  [1394]  [1393]  [1392]  [1391]  [1390]  [1389]  [1388



発行年月:2014年6月


 十六歳のときに美しい人生を穢され、心を閉ざした容姿端麗な女と、あらかじめ歪んだ人生の中で、すべてを手に入れようと藻掻く醜い女。過去の因縁に引き寄せられ再会したふたりの運命が、断末魔の叫びにも似た「不協和音」を奏ではじめるー。生きることは、こんなにも愚かしく美しい。話題の女性作家が描く、嘗てないほど愛おしい人間小説!

                     (幻冬舎HPより)




誰もが認める美少女・加村織江と、誰もがその容姿を蔑む・香村由羽。


物語は、31歳の作家・由羽(ゆう)が書いた本が映画化され、その記者会見に
臨む面々が並んだ場面から始まる。
俳優陣の中に醜女の由羽は、場違いだが、俳優の真島謙介は親しく接してくる。

由羽が書いた原作は、16歳の美少女がレイプされるというショッキングな出来事が
あるが、これは高校時代の織江に起きたこと。
そして、織江自身も自分の身に起きたことだと気づく。


由羽の織江に対する気持ちは何なんだろう?
憧れ?嫉妬?愛情?
醜い自分と美しい織江、見た目は違っても中身は同じと何故か思い込む怖さ。
中身が同じなんだから、自分こそが織江の唯一の理解者であると確信している。

怖い、怖い。
由羽の何もかもが怖い。


「ドミソラ」は、不調和音だそう。
ちぐはぐな二人なのに、大人になって、また出会ってしまう。
織江は由羽に嫌悪感しか抱いていないのに、何故か離れない。

気持ち悪い関係。

周りの男たちも気持ち悪い。

兎に角すべてが気持ち悪かった。

でも、途中放棄出来なくなってしまう、面白さ。

凄い作家さんだな・・・・。


こういう本は、評価が難しいな・・・^^;


                            ★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 8 10
12 13 15 16 17
19 21 23
26 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]