忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[1396]  [1395]  [1394]  [1393]  [1392]  [1391]  [1390]  [1389]  [1388]  [1387]  [1386



発行年月:2014年7月


 このまま結婚していいのだろうかーーその答えを出すため、「妙高山」で初めての登山をする百貨店勤めの律子。一緒に登る同僚の由美は仲人である部長と不倫中だ。由美の言動が何もかも気に入らない律子は、つい彼女に厳しく当たってしまう。医者の妻である姉から「利尻山」に誘われた希美。翻訳家の仕事がうまくいかず、親の脛をかじる希美は、雨の登山中、ずっと姉から見下されているという思いが拭えない。「トンガリロ」トレッキングツアーに参加した帽子デザイナーの柚月。前にきたときは、吉田くんとの自由旅行だった。彼と結婚するつもりだったのに、どうして、今、私は一人なんだろうか……。真面目に、正直に、懸命に生きてきた。私の人生はこんなはずではなかったのに……。誰にも言えない「思い」を抱え、一歩一歩、山を登る女たちは、やがて自分なりの小さな光を見いだしていく。女性の心理を丁寧に描き込み、共感と感動を呼ぶ連作長篇。

                      (幻冬舎HPより)




長編かと思ったら、短編連作集でした^^;


登山する女性たちが自身が抱えた問題を前向きに捉えていく姿が、清々しい物語。
いつものちょっと毒気のある湊さんの物語とは、違った魅力があり
こういう物語もいいなぁ~と思った。

登場人物たちが少しずつリンクしているので、先に読んだ女性のその後が後の
物語でわかったりするのも面白い。
ああ、あの女性は、そういう決断をしたのね。なんて思って嬉しくなったり・・・。

本格的な山登りはしたことないし、あまり山登りする体力もないので
今後彼女たちの上った山に行く機会はないと思うけれど・・・
ハイキングくらいの軽い山登りならしてみたいなぁ~なんていう気持ちにもなった。

特に印象に残ったのは・・・
<火打山>の美津子と神崎の初々しいデート場面は、微笑ましかった♪
その後、ほかの話で夫婦として登場したのは嬉しかった。

また<利尻山>の姉妹がお互いの思いを打ち明け、その後の話で今度は姉が娘を連れて
3人で上った<白馬岳>に続く話も良かったなぁ~。


さてさて、次も湊さんの本を借りてあるので、読みますが、今度は
毒気あるのかなぁ~?


                            ★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 6
8 10 11 13 14
16 17 18 19 20
23 24 25 26 27 28
29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]