忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[552]  [551]  [550]  [549]  [548]  [547]  [546]  [545]  [544]  [543]  [542
1cf1e61b.jpg発行年月:2010年12月


ファインダーを通して見ていたのは誰の秘密なのか?
東京でカメラマンのアシスタントとなり、
少女から大人になっていく黒江は、愛と葛藤と、
隠された秘密との闘いの世界へ向かう。


                    (中央公論社HPより)



上巻で、家出した黒江がカメラマンの浦賀仁の元でどう生きていくのか?
気にしながら読みました。
中学時代から文通のような交流を続けていた仁の人柄も気になって、またこの居候生活のなかで悲劇みたいなのが起こらなきゃいいけのなぁ~
なんて、ちょっといい加減な感じの仁の様子に危惧してしまった。
写真家だけど、アダルト雑誌が主な活動の場とか。ちょっと言動も最初は「?」だったので。。。

でも予想に反して本質の部分では、良識ある大人でホッとした。
亡くなった恋人との話は、結構切なかったなぁ~。


そして、黒江の過去の話は驚きの連続。

両親離婚の前の黒江と両親の暮らしの様子は、異様だったし、父親と黒江。
母親と黒江の関係も、わたしからしたら異常。
仁の恋人の死と、黒江の両親の離婚の原因のひとつが宗教というのも衝撃的だった。


結果的に高校中退して、家出したことが黒江にとっては、正しい選択だったということかな?

仁のアシスタントとして働きながら20歳に成長した黒江が、再び出会う、中学時代の弥生くん。
淡々とした会話のなかに、黒江のことを想う気持ちが溢れていてよかった。

黒江の過去は重苦しいことが多かったけど、現在の生活のなかでは、黒江のことを心配し力になってくれる人たちがいて、良かった。

写真家として、これから独立していくのかな?と希望が見えるラストも好き。


高校時代に写真を通じて仲良くなった、佐々木光太郎くんの近況が出てたときは嬉しかった♪
二人がまたいつか写真を通じて再会するなんてこともありそうだなぁ~
なんて勝手に想像したりして。


なかなか読み応えがあり、内容は少し重いものを含んでいるけど、物語としては面白かった!

 

★★★★

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]