忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[555]  [554]  [553]  [552]  [551]  [550]  [549]  [548]  [547]  [546]  [545
c478e1a2.jpg発行年月:2005年11月


藤子・F・不二雄をこよなく愛する、有名カメラマンの父・芦沢光が失踪してから五年。残された病気の母と二人、毀れそうな家族をたったひとりで支えてきた高校生・理帆子の前に、思い掛けず現れた一人の青年・別所あきら。彼の優しさが孤独だった理帆子の心を少しずつ癒していくが、昔の恋人の存在によって事態は思わぬ方向へ進んでしまう…。家族と大切な人との繋がりを鋭い感性で描く“少し不思議”な物語。
 

                                           (講談社HPより)

藤子・F・不二雄の漫画は、子どもの頃から見ているけど、ここでよく出てくる「ドラえもん」はあまり見てなかった。
でも、登場するアイテムの解説があるので、楽しめた。

冒頭のプロロ-グでは、既に写真家・として歩んでいる主人公の理帆子の言葉。
父・芦沢光も写真家だった。
そして、二代目芦沢光を名乗って賞も受賞した。


物語は、理帆子の高校生時代から始まる。
女友達もいるし、普通の高校生だけど、常に相手によって自分の立ち振る舞いを計算するようなちょっと変わった子だな。という印象。
大なり小なり、人って案外そういうの考えて行動するところあるけどね。
そして、SFで人を分析するクセ。
これはちょっと面白かった。自分のことはSukoshi Fzai・・・少し不在。

そして、元彼で美しい容貌だけど、かなり傲慢でプライドが高く危ないかんじの
若尾大記は Sukoshi Fujiyu・・・少し不自由
その後、sukoshi Fuhai・・・少し腐敗に変貌していく。
若尾の行動は、段々に狂気めいてきて怖かった。
その後の彼はどうなったんだろう??
この物語のなかで実は一番、気になってるんだけど・・・・^^;


理帆子の父親は胃癌で先が短い状態だったのにある日、突然、姿を消してしまう。
残された母親と二人で暮らしていたが、その母親も末期癌で入院し、理帆子は度々、病院にお見舞いに行く。
そして、ある日、祖母のお見舞いに同じ病院に度々来る、同じ高校の先輩・別所あきらに会う。
別所も、カメラが趣味で話も合う。
いつも理帆子に優しいアドバイスをしてくれたり頼りになる存在になってゆく。


後半に登場の郁也との関係も良かった。
母親を亡くし、父親とはわけあって離れて暮らし、家政婦の多恵との二人暮らし。
郁也と理帆子がお互いに大切な存在となっていく過程は良かった。

そして理帆子の母親も亡くなるのだけど、夫・理帆子に宛てた言葉にも胸が熱くなった。

別所あきらと理帆子の関係には、ビックリの真実があって、気づかず読んでいたけど、振り返ればなるほど~という事があとから思い出され、ちょっとしたミステリ-の要素も含んでいて
まさに少し不思議。
でもとても温かい気持ちが残る物語でした。

面白かった!

まだ過去作品で読んでないものが沢山あるので、順番に読んでいこうと思う。

★★★★★

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]