忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39
b5881b92.jpg発行年月:2008年12月

さびれた商店街の、父と息子だけの小さな中華料理店。味気ない日々を過ごす俺たちの前に現れたテンンしのような女・純子。あいつは線香花火のように儚い思い出を俺たちに残し、突然消えてしまった。

表題作「夕映え天使」をはじめ6編の短編を収録。
特別な一日の普通の出来事、日常の生活に起こる特別な事件。
人生至る所にドラマあり。

                           (新潮社HPより)


有名な作家さんだけど、意外とあまり読んでないです^^;

映画化された「椿山課長の七日間」を読んだくらい。
あの物語は面白かった!

この短編集は、文芸誌にあったか、何かで読んで良さそうだったので、図書館で借りてみました。

でも・・・・・わたしには、うまく読めなかった。

面白くないわけでは、ないけど・・・・なんだろ?不思議な読後感。

表題作「夕映え天使」が一番最初にあって、表題作で、しかも最初にあるのだから・・・と期待し過ぎたのが悪かったのか?
読み終えて・・・う~ん。何が言いたいのやら??
父子で地味に営む中華店に住み込みで働いていた純子が半年経ったある日、忽然と姿を消し、どうしているのやら?と父子でたまに話をしたりしていると、警察から電話。
純子の身元確認の手助けになれば・・・と警察にいく息子。

なんだか、切なかったけど・・・。後味がよくなかった。


次の「切符」は、時代は東京オリンピックの頃。
これまた切ない話。

三番目の「特別な一日」は、最後にえぇ~っ!?の驚きの展開でしたが、なんだかスッキリしない。

次の「琥珀」は、訳あって逃げてる男が以前、バ-だった店「琥珀」でコ-ヒ-店(喫茶店かも?)を営んでいる。男の背景にあるものが不吉。

次のが一番、印象に強く残ったかな?
「丘の上の白い家」。
家が貧しく高校で奨学金を貰っている、僕と清田。
清田は、僕と正反対で成績優秀で全国模試でも県で1番の成績。先生には期待され、貧乏でもきっと奨学金でエリ-トの大学にも進めるだろう。

だが清田のその後は、あまりにも不憫。
清田が可哀相で仕方ない。


最後の「樹海の人」は、自衛隊の演習中に体験する不思議なこと。
極限状態に陥ると人は現実と非現実の区別がつかなくなるのかな?という怖さを感じました。


大した感想がないので、結局、全部の簡単な説明しちゃいました(笑)

これ、書いてなかったら、本を閉じた瞬間に記憶からなくなりそうな短編集でした。
やや辛口評価でごめんなさい。
単に、わたしの嗜好に合わないだけかも・・・・^^;

★★

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
藍色さんへ
どこにでもありそうなお話ばかりでしたが、悪くはないです。
期待しすぎたのかもしれません

もう少し、人生経験を積んだ方が読まれると違うのかもしれないな~なんて事も思いました。

トラックバックありがとうございます
kyoko 2009/05/16(Sat)16:22:05 編集
無題
平凡な日常物でしたから、
ちょっとモヤモヤが残る感じかもしれませんね。

トラックバックさせていただきました。
藍色 2009/05/16(Sat)16:05:04 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
夕映え天使 浅田次郎
さびれた商店街の、父と息子二人だけの小さな中華料理店。 味気ない日々を過ごす俺たちの前に現れた天使のような女・純子。 あいつは線香花...
URL 2009/05/16(Sat)16:03:18
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 8 11
12 14 15 17
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]