忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363
25eb0253.jpg発行年月:2006年8月


連続誘拐事件と信用金庫爆破事件。
すべてはジウとミヤジに仕組まれた事なのか? 
ジウを追う美咲と東。だが、日本を震撼させる大事件が発生し、
二人の前に基子が......!? シリーズ完結篇。


   
                   (中央公論新社HPより)


シリ-ズ完結編なので、Ⅰ、Ⅱと描かれて来たものがどう決着つくのか、
読む前から期待していました。

Ⅱで既に、自ら危険な場所に乗り込み、囚われの身になるつつ自分が生きる為に躊躇なく
3人を殺した女性刑事・伊崎基子。
基子の尋常ではない姿はⅢも続き、悪を捕まえるという使命以上の何か不気味な脅威を感じながらこの先、どうなっちゃうのぉ~!?なんて事も気になりながら読み続けました。

基子と対照的に、柔らかい感じの門倉美咲は、やはり登場してくるだけで、何だかホッとしたなぁ。
捜査で一緒に行動の東主任に好意を抱いてる姿は女性からみても可愛い♪

終盤、基子が潜入した地獄のような場所にも臆する事無く乗り込み、命を軽く扱う傾向にある基子の前で身を呈して、そうじゃないんだ!とわからせたような場面は、感動した!!

ジウとその後ろ盾であるミヤジとの対面の場面は、ハラハラ。
特にジウVS基子の対決シ-ンは迫力あり
残りのペ-ジ数が段々、少なくなるのを気にしながら、どうなる?どうなる?と。

でも、なんだかちょっとラストはあっけなかったな。

ジウの本心をもっと知りたかった。


ま、でも面白かった事に変わりはないし、読み始めると止まらなくなる文章の巧さはサスガでした♪

ジウが関わっていた事件は完結しても、今後の基子と美咲の今後は何かの形で
また読ませて欲しいな。


★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]