忍者ブログ
読んだ本の感想あれこれ。
[375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365
e5781c85.jpg発行年月:2000年11月


「あなたはぼくを愛しているんだ」バリ-はそう言う。
「バリ-なんてそんな男、存在しないのよ」クラリッサは言う。
ぼくに執拗につきまとい、脅し、病的なまでに愛を乞う男の出現で、ぼくとクラリッサの生活は歪んでいった-----最悪なまでに。

ブッカ-賞作家が洗練され筆致でスリリングに、エレガントに描き切り絶賛を浴びた崩壊する「愛」という名の物語。

                                              (本の帯文より)

マキュ-アンの本は、読む前からワクワクします。
過去に読んだどの本も自分の好みだから♪

今度の話は、ジャ-ナリストとして社会的にもある程度認められているジョ-・ロ-ズが体験した悲運としか言えない気の毒な話でした。

恋人クラリサッサと一緒にピクニックを楽しもうと訪れたのびやかな草地の広がるだろう場所で、ある事故に遭遇してしまう。
気球に乗って、子どもが大空に飛ばされてしまう!
大変だ!
同じように、その場所に居合わせたジョ-を含む男性4人が気球を地上に引き止めておこうと必死にロ-プを掴む。
が・・・ずるずると引きづられ遂に気球は飛んでいく。
男たちは次々、力尽きロ-プから手を離したが、ただ一人最後までロ-プから手を離さなかった気球に乗っている子どもの父親・ロ-ガンは転落死してしまう。
なんとも痛ましい光景。
気球に乗って行った子どもはその後、無事、地上で保護され無事だっただけに、ロ-ガンの死が辛い。
ジョ-はロ-ガンを死なせず済んだ方法があったのに・・・と自責の念に苦しむ。

が、ジョ-をもっと苦しめるものが現れてしまう。

一緒にロ-プを掴んでいた男・バリ-から突然の求愛。
戸惑うジョ-。

バリ-の言葉がジョ-に言う言葉は、明らかに異常。

でも・・・・それはジョ-の語りだから?本当はジョ-の精神状態が良くないから、そんな風に受け止めてしまうだけ?と途中で考えちゃって、本当に異常なのは、誰??と混乱しました。
その辺、マキュ-アンの狙いでしょうか?

しかし、不気味で怖い話です。
一方的に好きだと言われるだけでも驚きですが、あなたもわたしを好きなはず。とか自分が全くその気がないのに、あの時のあの眼差しで愛を気づかされたとか言われちゃうと・・・ゾゾ~ッ(怖)

一緒に暮らすクラリッサとの関係もギクシャクして、一体、ジョ-はどうなっちゃうの?と心配になりましたが・・・最後は救いのあるものでホッとしました。


やっぱりマキュ-アンって、わたしにとっては、凄い好みの作家さんだ!

★★★★
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メ-タ-
kyokoさんの読書メーター
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[09/20 kyoko]
[05/23 のぶ]
[09/15 kyoko]
[09/14 ひろ]
[03/06 kyoko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kyoko
HP:
性別:
女性
自己紹介:
台所、居間、パソコン室、一日中、本を片手にあちこち移動しながら、読書しています♪

記事最後の★についての基準は
★★★★★ぜったい再読したい!!
★★★★すごく良かった!
★★★最後まで楽しめた
★★なんとか最後まで読み終えた
★途中放棄^^;

バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア

Copyright (c)本を片手に・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  image by Night on the Planet  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]